OTGケーブルを持っていると色々便利だと聞いて

 「OTGケーブルがあるとタブレットとかスマートフォンでも
ワリと色んなUSB周辺機器が使えるようになるから便利だよ」

という話を聞いたので買ってチョロッと試してみました。

(まだ少ししか試していないので本文はいつにも増して適当です)


・製品のてきとうな説明とか
P1020275

 だいたいの場合USBケーブルはPC(親)に対して
その他の周辺機器(子)を接続する。という目的で使うモノだけど、


OTGケーブルは親にも子にもなれる機器と
その他の周辺機器(子)を繋ぐためのケーブルで、

例えて言うと「タブレット」←「OTGケーブル」←「キーボード」とか、
「スマートフォン」←「OTGケーブル」←「USBメモリ」みたいな感じで、

接続したい機器との間に挟んで接続すると
(対応しているモノであれば)利用できるようになるよって感じのモノ。
・ザツ過ぎるにも程がある感じの感想とか


 で、何で私がこれを買ったかっていうと
「有線のXbox360コントローラを繋ぐとゲームパッドとして使えるらしい」
という話を聞いたので

「じゃあAndroidのゲームとかが快適にプレイできるようになるのでは!」
と思って買ってみて、一応ゲームパッドに対応しているゲーム
「DEAD TRIGGER 2」1で使ったんですけど、

けっこう「う~ん」って雰囲気

どういう事かというと、スティックは普通に使えるけど
トリガーが認識されっぱなしになったりして、
微妙に快適とは言い難い感じのプレイ感。

Screenshot_2014-03-15-17-22
 コントローラを繋いだらいきなり使えたのは良かったんだけど
ゲーム側でのゲームパッド設定画面はこんな具合で、

コントローラのどのボタンが何に対応しているのかが
なんだか分からない感じ。

 ただ、微妙に使いにくくても
キャラとか照準の移動が格段にやり易くなるのは確かなので
もうちょっと色々試してみようかな。って感じ。
OTGケーブルとかXbox360コントローラの
購入・価格のチェックは以下のリンクからどうぞ

「AmazonでOTGケーブルを検索」
「AmazonでXbox360コントローラを検索」

「楽天でOTGケーブルを検索」
「楽天でXbox360コントローラを検索」



・今回プレイしたゲーム

Android版 「DEAD TRIGGER 2」

iOS版 「DEAD TRIGGER 2 – MADFINGER Games, a.s.

  1. iOS版もあるけどそっちはゲームパッド対応かどうか分かんない感じ []