BLACK PAWNの数量限定モデルが面白いけどなんだか…

(画像「センチュリーダイレクト楽天市場店,BLACK PAWN CHERRY4軸混合キーボード[CK-67CMB-4MJP1]の販売ページ」)

 たぶん昨日(2014年4月14日)センチュリーダイレクトから
BLACK PAWNシリーズの数量限定モデルとして、

CHERRY赤軸,茶軸,黒軸,青軸の4軸混合キーボード
「BLACK PAWN CK-67CMB-4MJP1」と、
キー加重が80gのCHERRY緑軸を搭載した
「BLACK PAWN CK-67CMB-GRJP1」が発売されました。

限定数は「CK-67CMB-4MJP1」が限定200台、
「CK-67CMB-GRJP1」が限定300台となっています。

メカニカルキーボードで複数の軸を混在させたり、
キーの加重が極端に高い物を搭載している製品は確かに珍しいし、
まして日本語配列のキーボードとなれば唯一無二の物だというのは
分かるんですけど、個人的には「なんだかなぁ」って感じ。

その理由については本文に書いています。
(下種の勘繰りっぽい難癖付けなんですけどね)


・なんで微妙だと感じたのかって話しとか
SnapCrab_NoName_2014-4-15_1

 私がなぜ「なんだかなぁ」と思ったのかというと、
キースイッチの配置画像を見て「やっつけ仕事感」を感じたから。
っていうのが主な理由。

「軽めで柔らかい(赤軸)」,「柔らかい(黒軸)」,
「軽くてクリック感がある(茶軸)」,「最も軽くてクリック感と音がある(青軸)」

上記のように
それぞれ特徴があるスイッチを組み合わせてキーボードを作る
という意欲的な事をしているのに、
このキースイッチの配置はそれぞれの特徴を実用的に
活かそうという気が全然感じられないのがちょっと…。

 てきとうに考えても
力が弱い,もしくは力を入れにくい
小指や薬指で押すキーは、茶軸や青軸,
もしくは赤軸等の軽めのスイッチにするとか、

スペースキーやEnterキー,
BackSpaceキーやDeleteキー,
後はカーソルキーみたいに連続して使うことが多いキーは
(ガチャガチャいわないように)赤軸や黒軸にするとか、

他のキーと一緒に押すことが多い
ShiftキーやCtrlキー,Altキーは軽くてクリック感がある
茶軸や青軸を使うとか、

まあ色々と案は浮かんでくるけど、
そういった工夫は特に無くて、

BLACK PAWNが発売される前に展示されていた
キースイッチの特性を確認する為のサンプル機そのままという…
なんだか横着というか、「珍しかったらとりあえず買うんでしょ?」
みたいな気配を感じなくもない仕様。


 キー加重が80gの「CK-67CMB-GRJP1」も、
個人的には(指を鍛える的な意味で)まあアリかなとは思っているんだけど、
同じCHERRY緑軸を搭載しているのキーボードは他にも

(米国の直販サイトやアメリカのAmazonで買える)
「CM Storm QuickFire Rapid – Limited Edition
Tenkeyless Mechanical Gaming Keyboard
with CHERRY MX Green Switches」
(長い)があって、
そちらの方が安い上に、見たからに完成度が高いっていうのが
目に付くせいで、むしろQuickFire Rapidの方が気になってきた。みたいな。

 確かにCHERRYの緑軸を搭載しているキーボードは滅多にないし、
日本語配列の製品だと完全にこの「CK-67CMB-GRJP1」しかないのは
分かるんだけど、その製品の販売サイトで
SnapCrab_NoName_2014-4-15_3
(参考画像)

『超レア軸 CHERRY MX緑軸採用!(限定生産300台)』とか言われると、
先ほど書いた「CK-67CMB-4MJP1」の何だかやっつけ仕事感がある
キースイッチの配置と相まって、
「珍しいのは分かるけど、ただそれだけで売ろうとしてるんじゃないの?」
みたいな。謎の邪推というか、勘ぐりをしてしまったり。

・いい加減極まる雑感とか

 今までの私だったら
「こんな尖った仕様のキーボードが普通に買える形で出てきたのは
嬉しいし、ツクモパソコン本店とか一部の店舗ではあるけど
展示機があるのはイケてる!」
という風に感じていたと思うんですけど、

今はもうセンチュリーがBLACK PAWNシリーズを発売してから
「海外製でちょっとクセがある。でも、すごくイケてる」的なキーボードを
センチュリーダイレクトとか、おもしろ雑貨の通販【白箱.com】
にて新たに入荷・販売しなくなってきたことに気付いているので
そんなに嬉しくないです。みたいな。