いつの間にかPhoton2の説明書がダウンロードできるようになってた

SnapCrab_BungBungame---Mozi

2016年3月19日追記:日本でもいつの間にか発売されてました。

PHOTON2がいつの間にか発売されてた(しかも値下げ状態で)



 APU搭載,RAM4GB,ディスプレイ解像度1920×1200,
microSDカードスロットの他にもう一つ(microじゃない)SDカードスロットを搭載,
キーボード付きレザーケース,
1,024段階の筆圧検知に対応したスタイラスが付属,

などの微妙にツボを押さえた仕様であり、良い意味で気になりどころが多い
BungBungameという会社のWindowsタブレット,Photon2

実際私も気になっているので当ブログでも何度か記事を書いたりしていたんですけど、

(参考)

BungBungameのPhoton 2が(いろんな意味で)気になる


個人的に狙い目だと思ってる筆圧対応のWindowsタブレットとか


Photon2の製品サイトが更新されててちょっと安心した



 もう何回か書いているのでメチャクチャ端折って言うと
スペックの表記とかが微妙にゴタゴタしてるし、
ずいぶん長いこと発売が延期されていて
「正直もう本当に発売されるかどうかも微妙」って感じだった
んですが、

ここ最近「Photon2の製品サイト」が更新されていて、
今日(2015年5月27日)チェックしてみたら
製品の説明書がダウンロードできるようになっていたので、
「なんだかんだ言って発売に向けて進んでいるのかー!」と思った

 今回新しくわかった事とか詳細については次の段に書いている次第。


・とりあえず説明書を読んだ感想とか

(説明書の感想を書くっていうのもおかしな話しですけども)
とりあえずPhoton2に関して私が気になっていた点がどうだったかを書くと、

気になりポイント1.搭載されるAPUはどうなるのか
(最初に発表されたA10-6700Tになるのか、
それともスペック表に載っているA6-6500Tになるのか。)

結果:わからない。(説明書にはマシンスペック等の表記が無かった)


気になりポイント2.スタイラスペンの仕様はどうか
(1,024段階の筆圧検知とあるけど
ワコムのスタイラスというかシステムなのか、もしくはそれ以外か)

結果:わからない。でも少なくともフィールイット系ではない

という具合。ペンの仕様については下の段に分けて書きたい感じ。
・Photon2のペンの仕様とか

 ひとまず1,024段階の筆圧検知に対応したスタイラスである事は決まってるんだけど、
お絵かきして遊びたい族としてはその仕様が気になるところ。

その辺りをPhoton2の説明書で見てみると、
(説明書のスクリーンショットを載せて良いのかわからないので
該当する章とページを書きます)

説明書の第2章,21ページの「スタイラスペンを使う」のページに
「まず最初に電池カバーを開けて電池を入れてね」的な事が書いてあります。

電池の規格とかはわからないんですけど説明のイラストを見た感じでは
たぶん単4電池かなぁーという雰囲気。

 実はスタイラスに関して説明書にはほぼそれしか書いてないんですけど、
製品webサイトにFAQがあって、そこには

『Q:Photon 2に付属するスタイラスペンは他のタブレット端末でも使用できますか。
A:いいえ。本製品以外の機器では使用できません。』


とあったので、
 ワコムの可能性は減ったな。
少なくともfeel IT technologies
(フィールイット)系ではないな

というか1,024段階の筆圧検知に対応しててペン本体に電池が必要なモノって
プリンストン系のペンタブ(単4電池を使う)と、
ワコムではiPad用のヤツ(リチウムイオン電池が搭載されてる)しか知らないなと思った次第。
・なんでワコムかどうかを気にしているのかとか

OneNoteとかでメモしたり,
人に説明するために図とか絵をなんとなく書いたりする族としては
別に良いというか、筆圧に対応してくれてればとりあえずはそれで充分なんですけど、

 お絵かきして遊びたい族としては、そのスタイラスがフィールイットかどうか,
フィールイットじゃなかったとしてもワコムかどうか,っていう点が微妙に重要
で、

なんでかって言うと使い心地とかそういうのは
長く使ってるとその内慣れるから別に良いとして、
「ドライバ等の更新や提供がちゃんと行われるかどうか」っていうのが大事
なんですな。

 特にWindowsタブレットの場合,画面の向きというかホームポジションが
利用シーンによって縦だったり横だったりするので、
画面の向きが変わるという事を想定してドライバが作られていなかった場合,

特定のソフト以外は縦か横のどっちか(大抵は横)でしかちゃんと使えない
(ポインタの動きがおかしくなる)的な状態になるんですな

 で、(今年発売されたWish Bingモデルはわからないんですが)
去年発売されたモデルの「VivoTab Note 8」もそんな感じだったんですけど

その時はワコムアメリカが「対応ドライバ」をリリースして事なきを得た。
という経緯がありまして、それもあって

「最大手=安心。って訳じゃないけど、
何かトラブルがあった時はユーザーが多いから解決に繋がる情報を探しやすいし、
同じ理由でメーカー側も対応策を打ち出してくれる可能性が
(他のメーカーよりは)ある」
と、(私自身は)思ってるんですよ

 それ故に「スタイラスがワコムかどうか」っていうのは個人的に気になるところなんですな。
・てきとうな雑感とか

「ちょっと前にチョロッと書きました」が、
スペック的にも価格的にも強すぎるライバルになると
(私に)思われていたSurface3が日本ではLTE機能が付いた
妙に高いモデルしか販売されないという形になったので、

「Photon2にも追い風吹いてきたじゃん」とか勝手に思ってたんですけど、
ここに来てスタイラスがワコムかどうかわからない
(というかたぶん違う)っていう点が出てきて「うーん」って感じですな。

 まあその辺がどうなるのかも含めて6月の初旬には明らかになると踏んでるので、
またなにか情報があって、それで書きたくなったらまた書きます。みたいな。敬具。
・案の定続報的なモノ書いてたり

Photon2は6月中には発売されるっぽい。価格は不明



・私は「正直ビミョウだなー」と思う仕様で発売されるSurface3の広告!



Microsoftストア:「Surface3」