イオニティ EH-NE56の感想とか


 前に「買ったよ」っていってた風が強いドライヤーの「EH-56」についてなんだけども、
(母が)使い始めてからしばらく経った事もあるし、
感想だとか今までのドライヤーと比べてどう変わったのかとかを聞いたので、
それをなんとなく書いておきたい。みたいな。


なんで「EH-56」を買ったのかとか

送風量が多いドライヤーとか



 上の投稿を見て貰えれば早いんだけど
そもそもなぜこの「EH-56」を買ったのか的な事について先に話しておくと、

私の母が虫の息みたいな風力のドライヤーを使いながら
「風呂に入ること自体よりも寧ろその後に髪を乾かすのがダルくて風呂に入るのがメンドい」
というニュアンスのことを言ってて、
確かに見てて髪を乾かすのが結構大変そうだったから、

じゃあ風量というか風力が強いドライヤーを使う用にしたら
風呂に入る時の「億劫さ」が軽減されて良いんじゃないの?って思って
ある程度風量が多くてちゃんとしてそうな製品の中ではワリと安価だった
この「EH-56」を買ってみたという次第。


「EH-56」の画像とか

とりあえず「EH-56」がどんなモノか、てきとうに画像を挙げていくと、
eh-ne5601
製品のパッケージ。なんかスピード感のあるデザインですな。

eh-ne5602
付属品は特に無くて本体と説明書が入ってた。

eh-ne5604
製品本体。
スイッチはスライド式で「COLD」(冷たい風が出る),「DRY」(温風が出る),
「TURBO」(勢いよく温風が出る)の三段階。

(母が)しばらく使った感想とか


 髪を乾かすのに掛かる時間を計ったから、まずはそれを書いていくと

・「KHD-1235」(今まで使っていたドライヤー)
9分02秒~9分50秒

・「EH-56」(今回買ったドライヤー)
5分43秒~8分18秒

という具合。
 髪を乾かすのに最も時間が掛かった回同士を比べると9分50秒と8分18秒で、
ハタから見ると「そんな変わんないじゃーん」って感じなんだけど

話を聞いてみたところ今まで使ってたドライヤーは
温風の温度が高いワリに風が弱くて乾かすのがダルくて、
時間が掛かるから髪が半乾きの状態で乾かすのをやめる。
という使い方をしてて9分くらい掛かってたらしいんだけど、

新しいドライヤーは温風の温度がそんなに熱くないけど風が強くて
ほとんど完全に髪が乾くまでドライヤーをかけての8分くらいだから、
だいぶ違うらしいです

 また、使用感的な事を聞いたところ、
温度が低めの温風で早く乾かせる(=髪へのダメージが少ない)からか
髪が完全に乾いた後もサラッとした感じがして良いらしいですわ
・今回感想を書いた「イオニティ EH-NE56」の広告!



「AmazonでEH-NE56を検索」

「楽天でEH-NE56を検索」