キートップを外して掃除してみたり


前回は「キーボードをブロワーとCyberCleanで掃除」しましたが、
ついでにキートップを外してさらに奥の方にある汚れも取ってみました。


・さらに奥の方にある汚れも取りたい(願望)
KeyPuller本体

KeyPuller本体

キーボードに付いていた殆どの汚れは「前回使ったCyberCleanで掃除できた」のですが、
今回はそれよりもっと奧にある汚れも取りたいので
キートップを外して掃除します。

別に手でキートップを外してもなんの問題も無いのですが
指が痛くなったり、キーによって微妙に外しにくかったりするので
キートップを外すための道具があると便利です。

キートップを外すための道具は色々あるみたいですが
何となく汎用性が高そうな形をしていたので
私は「KeyPuller」(キープラー)という製品を選びました。

P1020206P1020209
キープラーは2本の弾力性がある針金っぽい物が組み合わさった道具で、
キートップに引っかけて上方向に力を入れると簡単にキートップを引き抜ける1
という物です。

P1020210
キートップを全て取り外すとこんな感じになっていました。
微妙に壮観な気もしますが、髪の毛とかが多く挟まっているので
あまりじっくり見ない方が良いです。

P1020211
この状態でCyberCleanを使えばホコリや髪の毛は取り放題という感じ。
ただ、このときCyberCleanを押しつけすぎるとキースイッチの中に
スライムが残ってとても取り除きにくくなるので
アッサリめに掃除した方が良い感じです。
・掃除が終わって…
P1020213
キートップを外して掃除するのは微妙に面倒でしたが、
これでキーボードも一通りキレイになったので満足です。

基板のあたりにあるホコリや髪の毛は取り除けたので
これからはCyberCleanである程度マメに掃除するように心がけてれば良いかな。
というような気分です。
KeyPullerの購入・価格のチェックは以下のリンクからどうぞ

「AmazonでKeyPullerを検索」
「楽天でKeyPullerを検索」


CyberCleanの購入・価格のチェックは以下のリンクからどうぞ

「AmazonでCyberCleanを検索」
「楽天でCyberCleanを検索」




・その他の周辺機器とか良かった感じのモノは下記のページにまとめてある系。

「個人的おすすめモノ」

  1. パンタグラフ式のキーボードやノートPCのキーボードなど、引き抜いたらダメなキーボードもあるので注意 []