左利きでもふつうに使えてうれしい。 安価な万年筆「プレジール」の感想とか

 私と同じく左利きの人にはわかって貰えると思うんですけど、
多くのボールペンや万年筆は左手で字を書くとすぐに字がかすれちゃってロクに文を書けないんですな。
で、左手でも使えるヤツを探すとそもそも数が少ないし、値段的にも結構高いモノがほとんどなので、結局ふだん使う筆記具は鉛筆かシャーペンになるんですけど、

今回は珍しく左手でもふつうに使える「プレジール」という安い万年筆を発見して「やったぜ」って思ったので、それを使ってみた感想と共に紹介してゆきたい。みたいな具合ですわ。


「プレジール」とはどんなモノか?


Amazon:プレジール
楽天:プレジール


 始めにこのプレジールとはどんなモノか?という事について書いておくと、
プラチナ萬年筆から発売されている1,000円前後で買える安価な万年筆です。
安価な製品にしては珍しくシッカリ作られていて、デザイン的にもクセがないベーシックなモノです。
私が買ったのはペン先が0.3の細字タイプ。

製品の画像と簡単な備考とか


 そんな訳でここではプレジールが実際どんなモノか?
という事について撮った写真と共に簡単に紹介していく次第。


△万年筆本体
 胴とキャップはアルミっぽい素材でヒンヤリした感触がある。
筆箱の中でハサミとガチャガチャ当たる環境で使ってるけど、色が剥げたりはしてないから(たぶん)アルマイトで色が付いてるんだと思う。

本体が軽いから持つにも書くにも力は必要ないんだけど、
キャップをペンのお尻に装着すると重心が上にずれるからビミョウに書き難くなる。


ペン先はこんな感じ。書いた線の太さは0.5mmのボールペンと比べて細かったり太かったりと大差ない印象。
書いた感触は万年筆にしてはかなり硬めで、筆圧で線に強弱を付けるのは難しい。
グリップは太くも細くもない、ふつうの太さ。

 写真を撮り忘れたんだけどインクはカートリッジ式で、取り扱いが簡単なタイプ。
万年筆本体にオマケで黒インクカートリッジが一本付属してます。
容量としては書く文字の大きさや画数にもよると思うけど、
私の場合6~8ミリ四方くらいの文字を2,200~2,400文字ほど書いたら完全にインクが無くなりました。

使ってみた感想のまとめみたいなヤツ


Amazon:プレジール
楽天:プレジール


 まず「文を書けるかどうか」っていう基本的なところから言うと、ペン先を変な角度にして書くとか、数文字書く毎にシャシャッとインクを出す作業をしなくても、インクが途切れずに出るのでふつうに文を書けます

このプレジールは万年筆としてはペン先が硬くて、インクもカートリッジなのでボールペン感覚で使えるモノなんですけど、それでもボールペンと比べると線の太さに若干の強弱が出て「とめ・はね・はらい」がハッキリ出るので、字が上手くなったかのような気になれます

またコレはこの製品に限ったことではないんですけど、万年筆はふつうに書いた場合でも「とめ・はね・はらい」以外にも線に含まれる「まっすぐさ」とか「微妙なカーブ」みたいな要素が目立つ感じになるので、その辺に気をつけるようにすれば字が上手くなるだろうなあと思います

ボールペンと比べるとインクが圧倒的にすぐ無くなるんで
普段からけっこう文章書くよ。って人にはそんなにオススメではないんですけど、
もっぱらメモとか付箋くらいにしか字を書かないマンの私的には程々に持つし、インクの色を変えてみたりする楽しみもあるので、まあコレはコレで良いかなーという感じですわ。

(オマケ)左手ではふつうのボールペンや万年筆は使えないor使いにくいっていう話しとか


 冒頭で「多くのボールペンや万年筆は左手で字を書くとすぐに字がかすれてロクに文を書けない」って言ったんですけど、
それについて一応説明すると、ロクに文を書けないモノでも程度によって、「使えないモノ」と「使いにくいモノ」がある感じ。

「使えないモノ」は、左手で書いているとペン先と紙の角度をそうとうムリして書かないとすぐに
(画数にもよるけどホントに4文字くらいで出なくなります)インクが出ない状態になって、「文字を書く」っていう事自体が土台難しいモノで、
「使いにくいモノ」って言うのは、同じく角度を調整しないとインクが出ないんだけど、そこまでムリな角度にしなくても良かったり、
インクが出なくなるまでに書ける文字数が多かったり、インクはカスレるけど一応書ける。みたいなモノを指しています。

 私の経験でいうと、この「左手でも使えるかどうか」っていうのはかなりマチマチで、
4,000~5,000円くらいのしっかりしたボールペンでも使えなかったり、百円ショップで買ったボールペンでも何故かまあまあ使えたり、
みたいな感じなので、結局試し書きコーナーでメッチャ試すか、買って使ってみるまで分からないって感じ。
で、そこら辺の煩わしさを避けるためにふだん書くメモはシャーペンとか鉛筆を使ってる。
みたいな感じなんですわ。

 まあそれはそれで良いんですけど、ある程度ちゃんとした書類はボールペンか万年筆、
つまりは一般的に消すのが難しい系のペンで書かなきゃいけないので、できれば普段からそういうペンに慣れておきたい。
っていう経緯があって左手でもふつうに使えるボールペンや万年筆探しの旅を日夜続けている次第であります。敬具。