意外と音が変わった! Auglamour R8のケーブルを換えてみた感想

安価なリケーブル対応イヤホン Auglamour R8の感想とか

2016.08.27
 以前感想を書いた安価なリケーブル対応イヤホン,Auglamour R8なんですけど、記事中でも書いたとおりケーブルがメチャクチャ柔らかいせいもあってか、使い始めてから1年ちょっとで壊れてしまいました。

そこで新しいケーブルを買って使ってみたところ、無事復活して、且つ気のせいじゃないレベルで音が変わったので、今回は購入したケーブルとその感想を写真と共に書いておきたい。みたいな話しです。

今回買った交換用のケーブルとか


Amazon:KINDEN UEケーブル,Auglamour R8対応
楽天:KINDEN UEケーブル,Auglamour R8対応


 今回買った交換用のケーブルは「KINDEN UEケーブル」というモノ。
「Auglamour R8 ケーブル」で検索して出てきたモノの中で2番目に安いヤツです。
なんでコレにしたのかと言うと、単純に1番安いヤツはスグ壊れるみたいなレビューが多かったので避けた結果です。


モノ(KINDEN UEケーブル)の外観とか


△ケース


△内容

ビミョウに良いモノっぽいケースに入って届きました。
また、特に説明とかはなかったんですがオマケにイヤーピースも付いてきました。


わかり難くて恐縮ですがイヤーピースは低反発っぽいスポンジ的な素材で出来ています。


 ケーブルはこんな感じ。銀色の所は金属製。プラグとピンの部分は金メッキがかかっています。
R8標準のケーブルと比べると少しコシがありますが、それでも一般的なイヤホンのモノと比べて柔らかいというか、しなやかです。

ケーブル被覆材は透明でカッコいいんですけど、質感としては表面がペタッとしているので、いずれ加水分解してベタベタになりそうな気配がします。

また、イヤホン本体近くの形状記憶というか針金部分はR8標準のモノと比べて柔らかくて素直な印象。


△装着するとこんな感じ

 接続部分には一応「L」「R」の刻印がありますが、R8標準のケーブルと同様,刻印が外側になるよう装着しようとする針金を逆に曲げる必要がありました。

本体との接続は多少マシではあるものの純正ケーブルと大差なく、相変わらず右側が緩い感じだったので、たぶんイヤホンとの接続が緩いのはイヤホン本体側の問題かと思います。


音質にはどんな変化があったか

 音質については標準のケーブルを使っていた時よりも全体的にクリアーで、色んな音が聞こえるようになりました。特に高めの音に関しては聞こえる幅が広くなっています。


感想のまとめ


Amazon:KINDEN UEケーブル,Auglamour R8対応
楽天:KINDEN UEケーブル,Auglamour R8対応


 そんな訳で今回はイヤホンのケーブルがダメになったから新しいモノに変えてみたら無事復活したし音も良くなったよ。っていう話しでした。

ただ、音質に関してはこのケーブルのお陰で良くなったのか、今まで使っていたケーブルが知らない間にヘタっていて、その悪影響がリセットされただけなのかは正直わかんないです。

てな訳で今回感想を書いたケーブルに関しては、音質をドウコウって言うよりも「換えのケーブルが欲しいけど今までと同じ純正のモノを買うのもちょっとつまらない」という際に選ぶのが正解なんじゃないかなぁ。と思いますわ。敬具。


余談というか何というか


Amazon:Auglamour R8
楽天:Auglamour R8



 あと、余談としてはコレ(Auglamour R8)に限った話では無いんですけど、ケーブルがダメになっても対応しているモノさえ買えば簡単にイヤホンが復活する。っていうリケーブルに対応しているイヤホンの良さはしみじみ感じました。