Amazonのプライム会員なら追加料金無しでKindle書籍が読み放題! prime readingの使い方とか

 なんか知らないけど昨日(2017年10月5日)から、Amazonのプライム会員向けの新しいサービスとして、prime reading(プライムリーディング)の提供が開始されました。

 サービスの内容は、Amazonの有料会員に登録している人は、対象のKindle書籍が無料(追加料金無し)で読み放題になるというモノ。

正直まだ始まったばかりな事もあって、ラインナップはそんなに充実していないんですけど、それでも使ってみるとこれからの成長が期待できる感じのサービスだったので、サービスの内容や使い方、後は対象になっているモノの中でオススメのタイトルなどを挙げておく次第。


prime readingとはどんなサービスか?


Amazon:prime reading対象タイトル

 最初にprime reading(プライムリーディング)がどんなサービスか?
という事についてザックリ言うと、「Amazonの有料会員に登録している人は、対象のKindle書籍が無料(追加料金無し)で読み放題になるよ。」というサービス

似たようなサービスの「Kindle オーナーライブラリー」とは違い、prime readingはKindle端末を持っていなくても、スマホやPCからも利用できるので、より手軽に活用できる。って言うのが見どころですな。

 ただ、Kindle端末が必要な「Kindleオーナー ライブラリー」や、月額980円の料金が掛かる「Kindle Unlimited」と比べると、「prime reading」は始まったばっかりという事もあってか、ラインナップはまだそんなに充実していない感じ。


prime readingの使い方




 プライムリーディングの使い方について順に書いていくと、
  1. プライムリーディング対象のKindle書籍を探す
  2. 詳細ページ右側にある「読み放題で読む」ボタンを押す
  3. スマホやPCなどの好きな端末で読む

という具合。
それぞれの手順をもう少し細かく説明すると、

1.プライムリーディング対象のKindle書籍を探す



Amazon:プライムリーディング対象のKindle書籍一覧

 まずはプライムリーディング対象のKindle書籍を探します。
上のリンクをクリックすると対象のKindle書籍の一覧へ行けますが、
「広告リンクは踏みたくないぜ!」という場合は、「Amazonトップページ」→「カテゴリー」→「Kindle 本 &電子書籍リーダー」→「Prime Reading」からアクセスできます。

2.詳細ページ右側にある「読み放題で読む」ボタンを押す



 読みたい本が見つかったらその本の詳細ページへ行き、ページ右側にある「読み放題で読む」をクリックします。
間違えてその下にある「○○円で購入」を押すと、ふつうに決済して買っちゃうので注意しましょう。

3.スマホやPCなどの好きな端末で読む



△本のキャプチャーを載せるのはダメだろうな。と思ったのでボカしをかけています。

 あとは通常のKindle書籍を買った時と同じように、スマートフォンやPCなどの好きな端末から読む事ができます。


prime reading対象Kindle書籍の中でオススメのタイトルとか



Amazon:プライムリーディング対象のKindle書籍一覧

 最初の方に「ラインナップはそんなに充実してない」って書いちゃったんですけど、今回私がザッと見た中でprime readingの対象になっている、オススメのKindle書籍を簡単に紹介すると、

DOS/V POWER REPORT


Amazon:DOS/V POWER REPORT 2017年8月号


 自作PC系のPC雑誌。
1年前の2016年11月号から、(たぶん)最新号の2017年11月号までプライムリーディングの対象になっている。
 最新号はオーディオ特集で、メチャクチャ力が入ってるんだけど、私は正直オーディオにガッツリ興味がある方では無いので、個人的に好きなSSD&HDD特集の8月号のリンクを載せています。

銀と金



Amazon:金と銀 1
http://amzn.to/2y4jSdY


 福本伸行のギャンブル漫画。
1巻から3巻までプライムリーディングの対象になっている。

実は賭博黙示録カイジも3巻までプライムリーディングの対象なんですけど、一旦読むと3巻以降も読みたくて永遠に買ってしまうので、3巻まででも充分楽しめる金と銀を挙げておく次第。

 ネタバレ無しで個人的な感想を言うと、3巻以降を買う場合は8,9巻は飛ばしても良いと思いますぞ。


さるでもできるKindle電子出版


Amazon:さるでもできるKindle電子出版

 Kindle書籍を作ってアマゾンで販売する際の情報がまとめて書いてある本。
Kindle書籍を作るだけであればそんなに大変では無いんですけど、アマゾンで販売する際に必要な手続きは結構わからないんですな。
ネットで調べても情報が散逸しているので、何が必要で何が不必要か分かりにくい感じ。

この本には今年(2017年)現在の時点でKindle書籍を作って、アマゾンで販売するために必要な事柄が体系的にまとめて書かれているので、Kindleでの電子出版をしたい人が手っ取り早く確度の高い情報を得るのに便利です。


さるでもできるKindle写真集


Amazon:さるでもできるKindle写真集


 上で紹介した「さるでもできるKindle電子出版」の写真集編ですな。
必要な手続き等の基本的な内容はカブってるんですけど、Kindle Comic Creatorの使い方など、Kindleでの写真集を作る上で必要になる情報が体系的にまとめて書いてあります。


今回のまとめとか


Amazon:prime reading対象タイトル

 そんな訳で今回は2017年10月5日から始まったAmazonのプライム会員向けサービス,prime readingについてザッと書いてみた次第。

 流石に始まったばかりという事もあってか、正直まだこれ目当てでプライム会員になろうと思う程のラインナップでは無いんですけど、プライムミュージックやプライムビデオみたいに順次拡充されていくと思うので、プライム会員の人は一度チェックしてみると宜しいかと。