クレードルより便利かも?マグネット式の充電ケーブルが存外に良い

 以前、ZenFone 4 Selfie Proのレビューにて、「性能に余裕があって良い感じ。でも充電ポートがmicroUSB-TypeBなのがちょっと残念だぜ!」っていう事を書いていたんですが、

今回はそんな充電を行なう際の面倒くささを解消すべく、マグネット式の充電ケーブルを買って使ってみたら、思っていたよりもだいぶ便利だったので紹介しておく次第であります。


コレはどんなモノか?


Amazon:マグネット充電ケーブル Lightning/Micro-USB/Type C
(楽天での取り扱いは無いっぽい)

 初めにコレはどんなモノか? という事についてザックリ言うと、
充電端子とケーブルが別々になった充電グッズです。
予めコンパクトな端子を端末に差し込んでおく事で、裏表がある端子でも接続する際に端子の向きを気にせずに接続できる。というモノ。


△つまりこういうヤツ。

 今回私が買ったのはマグネット式のモノで、且つ端子部分が円形なので、端子の向きに加えて、角度も気にせず接続できるヤツ。
ケーブルと端子を近づけると磁力でパチッと接続されて自動で充電が行われます。


パッケージの内容と製品の外観


 ここでは、パッケージの内容と製品の外観を順に見ていきます。

△携帯用のポーチに入った状態で届きました。


△パッケージ内容
 パッケージの内容は、ケーブル本体/microUSB-TypeB端子/microUSB-TypeC端子/Lightning端子/携帯用ポーチ
という具合でした。

 ケーブル本体は(たぶん)ナイロンの布巻きタイプのモノ。
ケーブルの硬さは両端付近は少し硬いけど、取り回しは悪くない印象。


△端子を端末に差し込んで、ケーブルを近づけた状態

 端子部分のサイズ感としてはこんな感じ。
「全然気にならない」と言ったら流石に嘘になりますが、向きを気にしないで接続できる利便を考えるとよく頑張ってる感じ。

端子部分を端末に差し込んでみても、グラつきや不安感などは無く、ワリとシッカリしています。

 また、ケーブルはACアダプター等の電源に接続すると接続部が青く光ります。コレによって暗いところでの視認性や使い勝手が向上している感じ。


△ケーブルを接続した状態

 ケーブルを近づけると磁力によって吸い寄せられて、パチッと接続されます。
磁力による接続はけっこう強力で、あえて取ろうとしないと外れなさそうな雰囲気。


使ってみた感想


 そんな訳でしばらく使ってみた感想を書いていくと、「思っていたよりだいぶ便利」でしたわ

使っていて感じた便利さをもう少し具体的に言っていくと、
  • 端子の向きを気にせず充電できるのはラク

  •  ソコがウリの商品だから「そりゃそうでしょ」って感じかもしれないんですけど、端子の向きや角度を気にせず接続して充電できるのは便利ですな。

    ケーブルを近づけると磁力で勝手に接続されるので、USB-Type-Cやライトニングみたいな、はじめから向きを気にする必要が無い端子のモノと比べても利便性が高い感じ。
    また、クレードルと比べてコンパクトなので、取り回しやすいのも良いですな。

  • 1本のケーブルで複数の機器を充電できて便利

  •  microUSB-TypeB端子/microUSB-TypeC端子/Lightning端子
    以上3つの充電用端子が付属しているので、同時に充電する必要が無いなら、1本のケーブルで複数の機器を充電できるので、結果的にコンパクトになるし、使い勝手が良い感じ。

  • ライト機能は暗い中でもケーブルの場所が分かって便利

 ケーブル本体に関しても電源に接続していれば、端子と接続する部分が常時光っているので、暗い中でもケーブルが何処にあるかが分かって便利ですな。ただ、枕元とかで使うには若干明るすぎる感はあります。


感想のまとめと、ちょっとだけお得な情報とか


Amazon:マグネット充電ケーブル Lightning/Micro-USB/Type C

 そんな訳で今回は充電を手軽にするためのマグネット式充電ケーブルを買って使ってみた次第。

感想をザックリまとめてみると、
端子の向きや角度を気にせず充電できるのは思っていた以上に快適。てな具合。

 充電端子を本体に装着したら、あとは端子をイチイチ抜き差しする必要が無くなるし、端子とケーブルが互いに磁力で引き合って、半ば自動で接続されるのも非常にラクですな。

また、最初からmicroUSB-TypeB/microUSB-TypeC/Lightningの充電端子が付属しているので、複数台の端末を使っている場合は充電ケーブルを一本化できるので、管理しやすくなると思います。

 一応注意しておいた方が良さそうな点を挙げておくと、
  • ケーブルや端子部分単体での販売はされていない
  • MFI認証を取得している製品では無い
  • 充電専用なので通信はできない

 という具合ですな。
特にMFI認証が取れていない点に関しては、iOS機器でOSのバージョンアップ等を行なった際にケーブルが使えなくなる可能性があるので、「iOS機器でガンガン使いたいぜ」って言う場合はちょっと考えた方が良いかも

 Android機器に関しては特に問題無く使えて、且つコレを使う事によって得られる利便が大きいので、買っちゃって良いと思います。

あと、私はAmazonの「WECODO-JP」という所から1,200円くらいで買ったんですけど、同じAmazonでも「VITOG」という所では(たぶん)同等のモノが1,100円くらいで販売されていたりするので、入手するならそちらから購入すると100円安く買えますぞ。敬具。