折りたたみ式のスマホスタンドを買ったんですけどふつうでした。

 このあいだ、動画を見ながらの単純作業を快適にしたかったのでスマートフォン用のスタンドを買って使い始めたんですけど、良いところがあればビミョウなところもあり、価格などを考えると「まあふつう」てな感じだったんですな。

さして特筆する事もないので感想を書かないでおこうかなとも考えたんですけど、
考えてみたらインターネット上にあるモノのレビューや感想って、記事の内容が「良い!」か「イマイチ!」のどちらかである事が多いので、逆に「ふつう!」っていう内容の感想があっても、それはそれでアリじゃないかな?と思ったのでその感想を書いておく次第。

先に結論めいた事を言うと「ふつう」でした。


今回買ったモノとか


Amazon:YOTECE 折り畳み式スマホスタンド

 今回買ったモノは「YOTECE 折り畳み式スマホスタンド」という名前のスマホスタンド。
特徴としてはヒンジが2個ついているので角度調整ができて且つ折りたたみできる点が挙げられますな。

 ちなみに私が買った時の価格は1,299円でした。
このテのモノは中華メーカーのモノが殆どなので、メーカー名とロゴ以外ほぼ同じっていう同等品がメチャクチャたくさんあります。

その中で私がコレを選んだ理由を言うと、単純に調べた時点で一番安かったからですな。
同等品でも時期とかタイミングによって価格がワリと変わってくるので、欲しくなったらその都度Amazonで色々と調べてみると宜しいかと

パッケージの内容と製品の写真


パッケージの内容と製品の外観を順に見ていくと、


△パッケージ
 パッケージはこんな感じ。
サイズ感としては大きいトランプ(アメリカの大統領じゃない方)と同じくらい。
ちなみにパッケージにはWeight:205gとありますが、重量を実際に測ってみたところ187gでした。


△製品の外観
 パッケージから出した直後の外観はこんな感じ。全てのヒンジが閉じていて折りたたまれた状態ですな。底面には4個の滑り止めがついています。



△ヒンジを開いた状態
 それぞれのヒンジを開いてスタンドとして使えるようにした状態。
スマートフォンを支える部分には半透明のシリコンっぽい滑り止めがついています。


△スマートフォンをセットした状態
 実際にスマートフォンをセットするとこんな感じ。
スマートフォンを支える部分の奥行きは10ミリで、厚さ1センチまでの端末をセットできます。
また、角度は上側のヒンジの開き具合で調整できます。


△充電スタンド的に使っている状態
 スタンドの支柱部分には穴が空いているので、そこにケーブルを通すと充電スタンド的に使えなくもないです。


△ヒンジを限界まで開いた状態
 2個のヒンジは商品説明によると共に270度の開閉幅があり、限界まで開くとこんな感じになります。


使ってみた感想とか


 実際使ってみた感想を言うと、「まあふつう」って感じ
それだけじゃ全然分からないと思うので使っていて感じた良いところとビミョウなところを順に挙げると、

良いところ
  • コンパクトに折りたためる
  • 2個のヒンジをうまく使えば開き具合で高さも調整できる
  • アルミ製なので端末を冷ます助けになる
  • スミや角の仕上げは悪くない


  • ビミョウなところ
  • ヒンジの硬さにムラがある


てな感じ。もう少し細かく書いていくと、

 スマホスタンドとしての機能はバッチリあるし、仕上げも悪くないので、使っていて手を傷つける心配はありません。


 また、ヒンジを2個搭載していることによってコンパクトに折り畳めるし、その2個のヒンジの開き具合で、ある程度の高さ調節もできる。っていう長所があります

ただ、ヒンジに関しては動きがちょっと硬くて、1片手では開け閉めできない感じ。
そしてその硬さにはムラがあるのであんまり快適ではないってな感じですな。

感想のまとめとか



Amazon:YOTECE 折り畳み式スマホスタンド

 そんな訳で今回は折りたたみ式のスマホスタンド感想を書いてみた次第。

上の段にも書きましたが、折りたためるし高さ調節もできるんだけど、ヒンジがちょっと硬くてムラがある。という具合で良いところがあればビミョウなところもあり、そういった点と価格を踏まえた上で考えると「ふつう」って感じ。期待を越える事はないけど、ガッカリする事もない。みたいな。

 こんな風にまとめると悪いように聞こえちゃうかもしれないんですけど。ながら作業が少し快適にする。という当初の目的は達成できたのでまあ良かったですわ。


Amazon:Anker タブレット用スタンド
楽天:Anker タブレット用スタンド


 ただ、高さ調節とかが要らないならアンカーのとかの方が値段が安いしデキも良さそうなので、そっちの方がいいんじゃないかな?みたいな気はちょっとします。敬具。

  1. 私が非力すぎる可能性もありますが []