KindleReaderAppEyeCatch

もじゃお
どうもこんにちは。
最近Kindle アンリミテッドに加入して読書生活が豊かになり、ロコツに睡眠時間が短くなってきたもじゃおです。(でも楽しい)

 以前「PCでもキンドル本を読める!「Kindle for PC」の使い方と感想」という記事でキンドル本をPCで読む方法を紹介しましたが、

今回はAmazon公式の「Kindle電子書籍リーダー」というアプリを使い、スマホやタブレットでキンドル本を読む方法を紹介していく所存です。

スポンサーリンク

前置きみたいなヤツ


 Amazonの電子書籍プラットフォームであるKindle(キンドル)は、上に載せたような専用端末に限らず、
Amazon公式のKindleアプリをインストールすればiPhoneやiPad、Androidスマートフォンやタブレット等のデバイスでも利用できるんですわ。

そこで、今回はそのKindleアプリである、Kindle電子書籍リーダーの使い方なんかを書いてゆく次第。

Kindle電子書籍リーダー アプリの概要とか


 始めにKindle電子書籍リーダーはどんなアプリか?というと、
その名の通りスマホやタブレットでキンドル本を読むためのアプリです
アプリ名の読み方は「キンドル でんししょせき リーダー」かな。

 使い始める上ではAmazonのアカウント(普段Amazonで買い物する時に使ってるヤツです)が必要になりますが、このアプリ自体は無料でダウンロード・インストールできるし、無料の書籍もワリとあるので、「Kindle PaperWhiteみたいな専用の端末を買う程ではないけど電子書籍に興味がありますの!」という方は試しに導入してみても良いかと思いますぞ。


スマホやタブレットでKindle本を読む際に必要なモノとか


 始めにスマホやタブレットでKindle本を読む際に必要なモノを挙げていくと…

  • Amazonのアカウント1
  • (そりゃそうだって感じかも知れませんが)スマホやタブレット等の端末
  • Kindle電子書籍リーダー アプリ
  • (より便利にキンドル本を探したい場合は)Google Chrome等のブラウザアプリ
といった具合。

 スマホやタブレットを持っていて、普段からAmazonで買い物をしている方であれば、Kindle電子書籍リーダーのアプリをインストールするだけで使い始められますな。

 それでは下の段で実際の導入方法と使い方を順に見ていきましょう。

Kindle電子書籍リーダーアプリの導入方法


 Kindle電子書籍リーダーの導入方法は、上のリンクから「Kindle電子書籍リーダー」をダウンロード後、インストールするか、

GooglePlayKindleApp
もしくはGoogle PlayやApp Storeにて、「キンドル」と検索すると出てくる「Kindle電子書籍リーダー」をインストールすればOK。

KindleApp01
 後はアプリを起動して、(初回起動時は)ログイン情報の入力を求められるので、そこに普段使っているAmazonアカウントのメールアドレスとパスワードを入力してログインすれば、Kindle電子書籍リーダーアプリ導入は完了です。

次の段ではKindle電子書籍リーダーアプリの使い方を見ていきましょう。


Kindle電子書籍リーダーアプリの使い方


KindleAppKindleStore
△Kindleストアのトップページが表示された

 ログインすると(たぶん)Kindleストアのトップページが表示されます。

下部のメニューにある「ライブラリ」をタップすると購入済みのキンドル本をザッと見られる本棚へと移動できます。

既にPCなど,他のデバイスでキンドル本を読んだことがあれば、自動的にそのアカウントのライブラリが表示されるといった具合。

もじゃお
 とはいえ初めてキンドルを利用する際は(たぶん)すっからかんの状態なので、次の段ではキンドル本をライブラリに追加して読んでみましょう

キンドル本をライブラリに追加して読む際の流れ


PCBrowserFree KindleBooks
Amazon:Kindle無料本

 初めてキンドルを利用する際に、いきなり「好きなモノを買って読み始めましょう」というのも少しハードルが高いかと思いますので、
まずは無料で読めるキンドル本をライブラリに追加して読んでみましょう。

KindleApp_KindleStore
 この段ではスマホやタブレットでキンドル本を入手して読む方法を案内していくんですけど、2020年7月15日現在の時点ではなぜか「Kindle電子書籍リーダー」や「Amazonショッピングアプリ」,「スマホのブラウザからアクセスした場合のAmazon公式サイト上のKindleストア」では「無料本」のカテゴリーがありません

 一応マンガのみを対象にした「無料マンガ」というカテゴリーはあるのですが、当然ながらマンガ以外の本は探せませんし

SmartPhoneBrowserKindleStoreFreeMangaLink
AmazonShoppingAppKindleStoreFreeMangaLink
Amazon:Kindle 全ての無料マンガ

 マンガに関しても(アプリでは無く)ブラウザ上で「無料マンガ」のカテゴリーを開いて、ページ下部にある「全ての無料マンガ」ページに移動しないと作品のジャンル毎に絞り込んで探す事ができないというビミョウに不便な状態にあります

なので一工夫してスマホやタブレットからでも「無料本」のカテゴリーにアクセスしつつ、作品のジャンル毎に絞り込む事もできる方法を紹介していく次第。

スマホやタブレットからでも「無料本」のカテゴリーにアクセスしつつ
、作品のジャンル毎に絞り込んで探す方法

FreeKindleBooks

Amazon:Kindle無料本

 という訳で上の段のリンクにも載せていますが、一工夫をしてスマホやタブレットからでも「無料本」のカテゴリーにアクセスしつつ、作品のジャンル毎に絞り込めるようにしたリンクが上に載せたモノになります

使い方としては、スマホやタブレットのブラウザでAmazon公式サイトにログインした状態で、上のリンクを長押しして「新しいタブで開く」を選び、ブラウザ上で開くだけですな。

Free Kindle Books_NarrowYourSearchSmartPhone01
Free Kindle Books_NarrowYourSearchSmartPhone02
無料本のカテゴリーページを開いた状態になるので、作品をジャンルで絞り込んで探したい場合は画面右上にある「絞り込み」をタップして好きなジャンルを選べばOK。

後は気になる本を探していきましょう。

 ちなみにアマゾンのプライム会員になっていると、PrimeReadingという読み放題サービスを追加料金無しで利用できて、
無料で読めるキンドル本の対象がガバっと増えるので、プライム会員の方は是非チェックしてみて欲しいところ
ですな。

Free Kindle Books_PurchaseScreen01

 今回はスポーツ・アウトドアのジャンルを見ていたら、登山ルートの解説などで有名な雑誌の「山と渓谷」の創刊号(どうやら1930年5月に創刊されたモノらしい)があったので、こちらを入手して読んでみましょう。

Free Kindle Books_PurchaseScreen02
とはいえ難しい事はなく、Amazonにログインした状態でオレンジ色の「今すぐ無料で取得」を押すと、それだけでライブラリに追加されます。

 次の段では、ライブラリから本を開いて読んでみましょう。

ライブラリに追加した本の読み方

KindleAppLibrary
 Kindle電子書籍リーダーアプリを開いて、画面下部のメニューから「ライブラリ」へと移動すると、先ほど取得したキンドル本の表紙が表示されています。

読みたい本の表紙をタップするとキンドル本の中身がダウンロードされます。
ダウンロードが完了するとチェックマークが付くので、再び表紙をタップするとその本を読み始める事ができる。って感じですな。

KindleAppUI01
 操作方法はその本がテキスト主体なのか、それとも画像主体なのかによって多少利用できる機能が変わったりもしますが、ザックリ言うと…

 主な操作方法
  • ページ送り:画面の端をタップ/画面をスワイプ
  • 画面の拡大縮小:ピンチアウト(2本の指で画面に触れて指を開く)/ピンチイン(2本の指を開いた状態で画面に触れて指を閉じる)

  • ブックマーク・しおりを挟む:上部メニュー右側にある栞ボタン(リボンの端っこみたいなマークのボタン)をタップ
  • 目次の表示:上部メニュー左側にある「三」みたいなボタンをタップ

  • 画面の明るさ(テキスト主体の本であればフォントや文字サイズ,行間などの)設定:上部メニューの中程にある「Aa」ボタンをタップ
  • (テキスト主体の本であれば)本文内の検索:上部メニューの中央にある虫メガネボタンをタップ

  • フルスクリーンでの表示:画面中央を1回タップ
  • メニューなどのインターフェースの表示:画面中央を1回タップ

  • ライブラリ(本棚)に戻る:上部メニューの左端にある「∨」ボタンをタップ

  • てな具合ですな。
     先に挙げたように画像主体の本だと本文内のテキスト検索ができなかったり、フォントや文字サイズの設定ができなかったりと、その本によって使える機能がビミョウに違ったりするんですけど、まあだいたいこんな感じですわ

    もじゃお
    また、今回は初めて開く本だったので始めに本の中身のダウンロードを行なう必要がありましたが、一度ダウンロードを済ませればそれ以降は2パッと開けるようになります。


    Kindle電子書籍リーダーアプリの使い方のまとめとか

    KindleReaderAppEyeCatch
     てな訳で今回はスマホやタブレットでKindle本を読む事ができるAmazon公式のアプリ,Kindle電子書籍リーダーアプリの使い方を紹介してみた次第。

    スマホからアクセスした際は「無料本」のカテゴリーが無かったりとKindleストアの使い勝手がビミョウに悪かったりもしますが上の段に載せたリンクを使えば解決できますし、ふだん買い物などでAmazonを利用している方であれば、特に難しい事もなく使い始められるかと思います


     また、イラストを交えながら災害への対策方法を優先度が高い順に紹介してくれている、「東京防災」などシッカリ役立つ本も無料で提供されていたりするので、電子書籍に興味がある方は試しに使ってみる事をオススメしますぞ

    もじゃお
    電子書籍独自の利便としては人気の本が売り切れでプレミア価格になることもないし新しい本が若干(100円~300円くらい)ではありますが安く買えるし、
    しかもその本を買ったらすぐ読み始められるので、「家の近くに本屋さんができた的な豊かさ」を感じますな

    KindleForPC011
    Amazon:Kindle日替わりセール

     また、Amazonでは毎日3種類の本がガバっと安くなる日替わりセールや、
    値下がり幅はそんなでもないけど対象範囲が広い月替わりセール,
    特集されたジャンルの書籍がだいぶ安くなったりポイント還元率が上がったりする不定期のキャンペーン等が行われています。

    この中でも特にアツいのは日替わりセールと不定期のキャンペーンで、日替わりセールの場合は多くの場合普段の半額くらいの値段で買えますし、
    不定期のキャンペーンでは本の値段が割引されて、更にポイント還元率が高い状態で買えたりするので、かなりお得な印象

    もじゃお
    セールやキャンペーンの対象となる本やジャンルも、いい意味でバラけているので本が好きな方はマメにチェックする事をオススメしますぞ。

    Amazonで買い物をするなら…

    Amazon:Amazonチャージ
    (ちなみにAmazonで買い物をする場合は、上のリンクのページからAmazonギフト券をコンビニ・ATM・ネットバンキングのいずれかで支払って、
    自分のアカウントにチャージしておくとチャージ額の最大2.5%分が翌月中旬にポイント還元されてお得ですよ)


    敬具
    1. 普段Amazonで買い物する時に使っているヤツです []
    2. 本の内容に修正などが入っていなければ []
    Amazonをよく使う方へ、よりお得に買い物する方法をまとめました

     上の記事では私が長年(といっても11年程ですけど)Amazonを使って買い物をする中で気づいた「Amazonでよりお得に買い物するための方法」をまとめています。

    例えば、Amazonで買い物をする場合、予めAmazonギフト券をコンビニ・ATM・ネットバンキングのいずれかで支払って
    自分のアカウントにチャージしておくと、チャージ額の最大2.5%分がポイント還元されてお得です。

    ギフト券の有効期限も発行日から10年とメチャクチャ長いので、
    「Amazonはワリと頻繁に使うけどAmazonのクレジットカードは持ってないよ」って方にはけっこうオススメだったりします。

     記事では他にも、現在の商品価格が本当にお得なのかを確認する方法や、欲しい物リストに入れた商品のセール情報を知る方法,
    セール中の商品を検索する方法や、購入金額の○%(変動あり)のポイント還元を受ける方法など、
    Amazonでよりお得に買い物するための小技・裏技を紹介しているので是非参考にしてもらえれば幸いです。

    おすすめの記事