PCでもキンドル本を読める!「Kindle for PC」の使い方と感想

 その昔「PCでKindleストアにて購入した本を読みたい(願望)」という記事で
「BlueStacks」というソフトを使ってムリヤリPCでキンドル本を読む方法を紹介したんですけど、
しばらく前にAmazon公式のキンドル本リーダー,「Kindle for PC」がリリースされたので、
今回はその使い方と、使った感想を書いてみた次第。

2020年7月16日追記:スマホやタブレットでキンドル本を読める「Kindle電子書籍リーダー」アプリの使い方も記事にしました。




スポンサーリンク

前書きみたいなヤツ


 知らない人のためにコレまでの流れを一応書いておくと、
Amazonの電子書籍プラットフォームであるKindle(キンドル)は、上に載せたような専用端末に限らず、
KindleアプリをインストールすればiPhoneとかAndroidスマートフォン等のデバイスでも利用できるんですな。
ただ、PCからのキンドル本の閲覧には結構しばらくの間対応していなかったんですわ。

 そんな訳でPCでキンドル本を読みたい場合は以前紹介した「BlueStacks」等のソフトを使う必要があったんですけど、
2015年の始め辺りにAmazonが公式のKindleアプリのPC版をリリースしたので、
ようやくPCでキンドル本を普通に読めるようになった
って感じ。
で、今回はそのKindle for PCの使い方や感想を書いてゆく次第。


Kindle for PCの概要


 始めにKindle for PCはどんなソフトか?という事について書いておくと、
その名の通りPCでキンドル本を読むためのソフトです。
ソフト名の読み方は「キンドル フォー ピーシー」かな。

このソフト自体は無料でダウンロード・インストールできるので、スマートフォンやタブレットなどで既にキンドル本を読んでいる方はもちろん、
「スマホやタブレットを持ってないけど、電子書籍に興味があるぜ!」という方はとりあえずで導入してみても良いかと。


Kindle for PCの導入方法

 導入方法は上のリンクから「Kindle for PC」をダウンロード後、インストールします。
AmazonではWindows版,Mac版,Android版の三種類があるので、自分の環境にあったものをダウンロード・インストールしましょう。

 (ちなみにiOS版はiOS対応デバイスのAppStoreからダウンロード・インストールできます)


Kindle for PCの使い方



△始めにAmazonにログインする
 利用方法というか使い方としては、初回起動時にログイン情報の入力を求められるので、
そこにふだん使っているAmazonアカウントのメールアドレスとパスワードを入力してログインします。

KindleForPC003

△メチャクチャ個人的なライブラリなのでボカシを入れています

 ログインするとそのアカウントに紐付けられたライブラリ(本棚)が表示されます。

初めてキンドルを利用する際は(たぶん)すっからかんの状態ですが、既にスマホなど,他のデバイスでキンドル本を読んだことがあれば、
自動的にそのアカウントのライブラリが表示されます。

KindleForPC005
Amazon:キンドル本 無料本

△まずは無料のキンドル本を探してみよう

 初めてキンドルを利用する際に、いきなり「好きなモノを買って読み始めましょう」というのも少しハードルが高いかと思いますので、
まずは無料で読めるキンドル本をライブラリに追加して読んでみましょう。

無料で読めるキンドル本は、Amazonの左側にあるメニューから「カテゴリ」→「Kindle 本&電子書籍リーダー」→「Kindle本」と進んでゆき、
「Kindleで無料本を読もう」と書いてあるバナーか、バナー上部にある「無料本」のテキストリンクから探すことができます。

もじゃお
そのへんが面倒な方は上のリンクから無料で読めるキンドル本の一覧へ飛べるので、有効活用していただければ幸いです。

 ちなみにアマゾンのプライム会員になっていると、PrimeReadingという読み放題サービスを追加料金無しで利用できて、
無料で読めるキンドル本の対象がガバっと増えるので、プライム会員の方は是非チェックしてみて欲しいところ
ですな。

KindleForPC004
created by Rinker
¥99 (2020/08/09 17:47:35時点 Amazon調べ-詳細)

 今回は(私が読みたかったので)「手塚治虫の漫画の描き方」を選びました。
読みたいキンドル本を見つけたらそのページ右側にある「無料でライブラリに追加」をクリックします。

KindleForPC006

 ライブラリに追加すると、こんな感じの画面に移動するので、「Kindle For PCを開く」をクリック。

KindleForPC007

(初回は)「このリンクをどのプログラムで開きますか?」的なポップアップが出てくるので「Kindle」と「今後Kindle リンクは同様に処理する」を選択して「リンクを開く」を押しましょう。

KindleForPC008

 するとKindle For PCが自動で起動します。
先程ライブラリに追加した本が(たぶん)一番左上の辺りに表示されているので、その本の表紙かタイトルをダブルクリックするとコンテンツのダウンロードが始まります。

KindleForPC009

 ダウンロードが完了すると自動的にその本が開かれます。
操作方法はその本がテキスト主体なのか、画像主体なのかによって多少利用できる機能が変わったりもしますが、ザックリ言うと…

 主な操作方法
  • ページ送り:左右両端にある灰色の部分をクリック/キーボードの矢印キーを押す/マウスのホイールを回転させる

  • 画面の拡大縮小:キーボードの「Ctrl」と「+」キー同時押しで拡大、キーボードの「Ctrl」と「-」キー同時押しで縮小/キーボードの「Ctrl」キーを押したままマウスのホイールを回転させる

  • ブックマーク・しおりを挟む:上部メニュー右側にあるスイスの国旗みたいなボタンを押す
  • フルスクリーンでの表示:上部メニューにある4個の矢印が合体したボタンを押す/キーボードのF11キーを押す
  • 目次の表示:左側のメニューにある「≡:」みたいなボタンを押す

  • 本文内の検索:左側のメニューにある虫メガネボタンを押す
  • フォントや背景のオプション:上部メニューの「Aa」ボタンを押す
  • 見開きなどの設定:上部メニューの四角い記号を押す

  • ライブラリ(本棚)に戻る:上部メニュー左側にある「ライブラリ」ボタンを押す/キーボードの「Ctrl」と「Alt」「L」キーを同時押しする

てな具合。
 先に挙げたように画像主体の本だと本文内のテキスト検索ができなかったり、しおりを挟めなかったりするし、テキスト主体の本だと見開きとかの設定ができなかったりと、その本によって使える機能がビミョウに違ったりするんですけどだいたいはまあこんな感じですな。

もじゃお
また、今回は初めて開く本だったので始めにコンテンツのダウンロードを行なう必要がありましたが、一度ダウンロードを済ませればそれ以降は1パッと開けるようになります



△コンテンツのダウンロード先はオプションで指定できる
 コンテンツは標準で(たぶん)Cドライブのドキュメントフォルダにダウンロードされるんですけど、
ダウンロード先を変更したい場合はメニューの「ツール」→
「オプション」→「コンテンツ」から設定できます。


Kindle For PCを使ってみた感想とか

KindleForPC010

△本文にはボカシを入れています。

 使い勝手というか使ってみた感想は、スマートフォンやタブレット版の
Kindleとほぼ同じように使えるので、良い意味で「ふつう」って感じですな。

アタマ悪そうな表現で恐縮ですが、単純に画面が大きくて広いから文字を大きく設定しても一度にたくさんの字を読めて良いです

もじゃお
個人的に、しおりに関しては本の内容に関係なく全部の本で挟めるようになってほしいんですけど、それ以外には特に不満もない印象。


Kindle For PCを使った感想のまとめみたいなヤツ


 そんなわけで今回はパソコンでもキンドル本を読める、Kindle For PCの使い方とその感想を書いてみた次第。
大きい画面で読めるっていうのはもちろん良いんですけど、
紙の本みたいに本が勝手にパタンと閉じる事もないから、プログラミングの学習書とかギターの教則本みたいな、
「情報を参照しながら何かを行なう」的な使い方をするモノの場合、特に利便を感じますな


もじゃお
これはPC版の利便と言うよりは電子書籍の利便なんですけど、人気の本が売り切れでプレミア価格になることもないし新しい本が若干(100円~300円くらい)ではありますが安く買えるし、しかもその本を買ったらすぐ読み始められるので、「家の近くに本屋さんができた的な豊かさ」を感じますな

KindleForPC011

Amazon:Kindle日替わりセール

 また、Amazonでは毎日3種類の本がガバっと安くなる日替わりセールや、
値下がり幅はそんなでもないけど対象範囲が広い月替わりセール,
特集されたジャンルの書籍がだいぶ安くなったりポイント還元率が上がったりする不定期のキャンペーン等が行われています。

この中でも特にアツいのは日替わりセールと不定期のキャンペーンで、日替わりセールの場合は多くの場合普段の半額くらいの値段で買えますし、
不定期のキャンペーンでは本の値段が割引されて、更にポイント還元率が高い状態で買えたりするので、かなりお得な印象

もじゃお
セールやキャンペーンの対象となる本やジャンルも、いい意味でバラけているので本が好きな方はマメにチェックする事をオススメしますぞ。

Amazonで買い物をするなら…

Amazon:Amazonチャージ
(ちなみにAmazonで買い物をする場合は、上のリンクのページからAmazonギフト券をコンビニ・ATM・ネットバンキングのいずれかで支払って、
自分のアカウントにチャージしておくとチャージ額の最大2.5%分が翌月中旬にポイント還元されてお得ですよ)


敬具

2020年7月16日追記:スマホやタブレットでキンドル本を読める「Kindle電子書籍リーダー」アプリの使い方も記事にしました。
  1. 本の内容に修正などの更新が入っていない限りは []
Amazonをよく使う方へ、よりお得に買い物する方法をまとめました

 上の記事では私が長年(といっても11年程ですけど)Amazonを使って買い物をする中で気づいた「Amazonでよりお得に買い物するための方法」をまとめています。

例えば、Amazonで買い物をする場合、予めAmazonギフト券をコンビニ・ATM・ネットバンキングのいずれかで支払って
自分のアカウントにチャージしておくと、チャージ額の最大2.5%分がポイント還元されてお得です。

ギフト券の有効期限も発行日から10年とメチャクチャ長いので、
「Amazonはワリと頻繁に使うけどAmazonのクレジットカードは持ってないよ」って方にはけっこうオススメだったりします。

 記事では他にも、現在の商品価格が本当にお得なのかを確認する方法や、欲しい物リストに入れた商品のセール情報を知る方法,
セール中の商品を検索する方法や、購入金額の○%(変動あり)のポイント還元を受ける方法など、
Amazonでよりお得に買い物するための小技・裏技を紹介しているので是非参考にしてもらえれば幸いです。

おすすめの記事