Easy to learn how to read a book E

「新しい知識を身につけたいけど時間がない…」
「読書は好きだけど内容がなかなか頭に入らない…」

この記事ではこんな悩みを解決します。

本記事の内容
【超初心者向け】ラクに身に付く本の読み方

もじゃお
どうもこんにちは。もじゃおです。

 世の中には面白い本がたくさんありますよね。特にお役立ち系の本は自分自身のやりたい事の実現や、困っている事の解消に繋がる事もあり、「楽しいだけじゃなくて知識や情報を身につけられる娯楽」として優秀なコンテンツだと思います

ひとつ難点を挙げるなら「知識や情報を覚えるのが大変」って事くらい。
もじゃお
1から100まで真剣に覚えるなら「指で文字をなぞりながら音読して、本を読めない時はそれの録音を聴く」
というのを5回くらい繰り返せば
かなりの精度で覚えられるんですが、時間が掛かるし「こういう刑罰かな?」ってくらい大変なのでやりたくないんですよね。

 そこで今回は、
・「本の内容の5~20%くらいで良いから好きなところをラクに身につけたい」
・「自分にとって特に役立ところだけでも覚えておきたい」
・「覚えきれなくても良いから好きなところをスッと思い出せるようになりたい」

という低い意識の元、私が半年くらいの試行錯誤を重ねた結果編み出した、【ラクに身に付く本の読み方】1を紹介してゆく次第です。

もじゃお
私は電子書籍(Kindle)で本を読むことが多いのでそれに最適化していますが、紙の本でも応用できるテクニックだと思うので、役立てて貰えれば嬉しいです。
スポンサーリンク

【超初心者向け】ラクに身に付く本の読み方

 まずは流れを把握してもらうために、概要を画像にしましたのでそちらをまず載せますと…

Easy to learn how to read a book info

△クリックすると原寸表示できます。
こんな感じになります。

全体の流れとしては、
  1. 読みながら、役立ちそうなところに栞をどんどん挟んでいく
  2. 読み終わったら栞をチェックして「どんな風に役立てられるか」を別媒体にメモする
  3. 役立てられそうな機会が来たらメモを読み返して実践する

という具合ですな。それぞれを詳しく解説していくと…

1.読みながら、役立ちそうなところに栞をどんどん挟んでいく


△スマホやタブレットのKindleアプリは画面右上をタップするだけで栞を挟めるのが便利

 まずは普通に本を読みながら、自分にとって役立ちそうだと感じたところに栞をどんどん挟んでいきます。

内容を吟味するのは読み終わってからで良いので、この段階ではピンと来たところ全部に栞を挟んでいきましょう
もじゃお
私は右上を1タップするだけで栞を挟めるので、スマホのKindleアプリで読むことが多いです。

2.読み終わったら栞をチェックして「どんな風に役立てられるか」を別媒体にメモする

PrimeReading-practical-use05

△こんな感じでメモしていきます。
 一通り本を読み終わったら、栞を挟んだページをじっくりチェックします。
この段階で、「自分自身がやりたい事の実現や、困っている事の解消に役立てられそうか」という基準で内容を吟味して、役立てられそうであれば「どんな風に役立てられそうか」を本のタイトル,ページ番号と共にメモしていきます

 Google Keepなどのメモ内容で検索できるサービスを使うと便利です。
もじゃお
私はパソコンのKindleで読みながらGoogle Keepにメモしています。

 ポイントとしてはそのページの内容ではなく、「自分がどんな風に役立てられそうか」を書くところ。
自分の目的が主体となり、考えて書く行程が入るので忘れにくく、思い出しやすい状態を作れます

3.役立てられそうな機会が来たらメモを読み返して実践する

Easy to learn how to read a book info05

 役立てられそうな機会が来たらメモを読み返し、実践してみましょう。
Google Keepにメモしていればクラウド上に保存されるので、スマホやタブレットからでも簡単に参照できます。

「その本の中でも自分にとって特に役立つところ」を「どんな風に役立てられそうか」考えて書いたメモなので、メモを読むだけでその本の「自分にとって特に役立つ内容」をすぐに思い出せます

もじゃお
実践する際のハードルが低くなって、復習効果を得やすいのもポイント!

ラクに身に付く!

Easy to learn how to read a book06

 繰り返し実践することで、「知識や情報」が「自分自身の経験」になり、思い出そうとしなくても活かせるようになってきます
もじゃお
ここまで来ればしめたもの。本の中にあった知識や情報が文字通り「身について」きているので、ちょっとやそっとじゃ忘れませんぞ。

【超初心者向け】ラクに身に付く本の読み方【Kindle】のまとめ

Easy to learn how to read a book E

 最後にザックリ要約すると…

【超初心者向け】ラクに身に付く本の読み方のまとめ
・読みながら、役立ちそうなところに栞をどんどん挟んでいく
・読み終わったら栞をチェックして「どんな風に役立てられるか」を別媒体にメモする
・役立てられそうな機会が来たらメモを読み返して実践する

といった具合ですな。
 ポイントとしてはページの内容ではなく「自分にとってどんな風に役立てられるか」を考えて書く行程を入れて忘れにくく思い出しやすい状態を作る事と、実践する際のハードルを下げることで復習効果を得やすくすることですな。

 本を読んでいる時はピンと来たところに栞を挟むだけなので、「本を読む楽しさ」がジャマされることもありませんし、どんな風に役立てられるかを書くのも皮算用的な楽しさがあるので、特に面倒なところはないかと。

もじゃお
実際どの程度身に付くの?という疑問もあるかとは思いますが、私はこの読み方をするようになってようやく「お役立ち系の本(の内容)」を実際に役立てられるようになったので、ワリと効果は高いと思いますぞ。
(最近はこの読み方を編み出す前に読んだ本を読み直しています)



PrimeReading_KindleUnlimited

Amazon:Prime Reading
Amazon:Kindle Unlimited


 また、プライムリーディングやKindle Unlimitedみたいな読み放題サービスと、今回紹介した「ラクに身に付く本の読み方」を組み合わせるとメチャクチャ効率よく知識や情報を身につけられるので、既に加入している人はぜひ試してもらいたいところですな。

敬具
この記事で紹介したサービスのまとめ

オススメの関連記事

イチオシ!
KindleTyouKatuYouMatome
  1. 読書術というと真剣に読書術を考案している方が悲しみそうなので… []
Amazonでお得に買い物するなら……

AmazonCharge
Amazon:Amazonチャージ
 Amazonで買い物をするなら「Amazonチャージ」を使って、5,000円以上のAmazonギフト券を現金でチャージすると非常にお得です
1回のチャージ金額にもよりますが、チャージ金額の最大2.5%分のポイントが翌月中旬に貰えます。

Twitterでフォローしよう

このブログ内の記事をランダムで表示しています