Ora2-in-1LensSet-EyeCatch

もじゃお
どうもこんにちは。ふと「好きなだけ寝たら何時間くらいになるんだろう」と思い立ち、休日に試してみたところ、普段寝不足という訳でもないのに14時間40分とか寝ていて戦々恐々としたもじゃおです。

 今回はAUKEYのスマホ用レンズセットを買って使ってみたので、その感想なんぞをサラッと書いていく次第。

結論をザックリ言うと、「ハデに歪むけど解像感は良好だから、値段を考えるとまあボチボチ」といった具合でしたわ。
スポンサーリンク

コレを買った経緯(読み飛ばしてOK)


 コレを買った経緯を言いますと、ブログ用の写真や動画をGooglePixel3 XLで撮るようになり、しばらく撮影を続けているウチに「スマホカメラでの撮影の幅を広げたい」という欲求が強まってきたんですな。

具体的にどうしたいのかというと、私はブツ撮りがメインなんですけど、静止画を撮る際に「被写体にもっと近づいて写真を撮りたい」と感じることが結構あって、
動画を撮影する際は(画角が狭くなってしまうので)「もっと広い範囲を写したい」と思う事が多かったんですわ。

で、こういう時ミラーレス一眼とか一眼レフとかレンズが着脱出来るカメラを使っている場合は、被写体に近づいて撮影する際は「マクロレンズ」を、もっと広い範囲を写したい時はより画角が広いレンズか、「ワイドコンバージョンレンズ」と呼ばれるレンズを買ってそれを使えばいいんですけど、

スマホの場合はどうしたら良いの?とか思って調べてみたら、スマホでも後付けのレンズを使えば同じような事ができるらしいので、とりあえずクーポンで安くなっていたAUKEYのOra2-in-1LensSetってヤツを買ってみた次第。

AUKEY Ora2-in-1LensSet概要とか


 AUKEY Ora2-in-1LensSetはスマホ用のクリップ式後付けレンズのセットです。
被写体により近づいて撮影する際に使う「マクロレンズ」と、より広い範囲を写したい時に使う「ワイドレンズ」がセットになったモノですな。


この手のスマホ向け後付けレンズでは、「Moment」(モーメント)っていうメーカーのモノがメチャクチャ高品質で有名なんですけど、スマホに専用のケースを着ける必要があって、レンズとケースを合わせるとだいぶ高い(15,000円くらいにはなっちゃうかな…)ので、

今回はより安価に入手できる汎用のクリップ式レンズであるAUKEYのOra2-in-1LensSetを買ってみた次第。

もじゃお
 汎用のクリップ式レンズだったらワリと色んな謎メーカーから持った安いモノも出ているんですけど、今回はクーポンで安く買えそうだった事と、モバイルバッテリーやUSB充電器でワリと定評がある事を加味してコレを選んだ次第ですな。

今日(2020年4月8日)現在の価格は2,899円。私が購入した際はクーポンを適用した状態で1,889円でした。

Amazonで買い物をするなら…

Amazon:Amazonチャージ
(ちなみにAmazonで買い物をする場合は、上のリンクのページからAmazonギフト券をコンビニ・ATM・ネットバンキングのいずれかで支払って、
自分のアカウントにチャージしておくとチャージ額の最大2.5%分が翌月中旬にポイント還元されてお得ですよ)

AUKEY Ora2-in-1LensSetのパッケージ内容と製品の写真


Ora2-in-1LensSet-Package
 パッケージ内容はクッション材入りのケース/スマホにレンズを装着するためのクリップ兼レンズマウント/マクロレンズ(15倍)/ワイドレンズ(0.45倍)/レンズキャップ/リアキャップ/レンズを拭くための布/説明書(日本語での記載あり)/保証書

という具合。

Ora2-in-1LensSet-MacroLens
 レンズは重め厚めの金属とガラスでできていて、口径や透明度,工作精度なんかに関してはパッと見た限り結構シッカリしてる印象。
Ora2-in-1LensSet-WideLens
それぞれの重さとしては
マクロレンズ単体が27g,
ワイドレンズ単体が48g,

といった感じですな。

Ora2-in-1LensSet-ClipLensMount
 スマホにレンズを装着するためのクリップ兼レンズマウントは樹脂製。
一応厚めに作ってあるんだけど、バネが強い事もあり頻繁に着け外ししていると早々に寿命が来てしまいそうな気配を感じます

もじゃお
たぶんこの製品の寿命はこのクリップ兼レンズマウントの寿命になりそうですな。

Ora2-in-1LensSet-ClipLensMountMacro
Ora2-in-1LensSet-ClipLensMountWide
 それぞれのレンズをマウントに装着するとこんな感じ。
マクロレンズはそのままマウントに装着して、ワイドレンズはマクロレンズと合体させて装着するタイプ。

Ora2-in-1LensSet-OnPixel3XL
 スマホ(GooglePixel3 XL)に装着するとこんな感じ。
レンズ自体がワリ重く、重量バランスが偏るので、スマホスタンドを三脚代わりに使う際は前に倒れないように注意した方が良さそうですな。

もじゃお
手持ちでの撮影や、三脚での撮影,ネックマウントでの撮影に関しては特に問題ない感じでした。

Ora2-in-1LensSet-Case
 付属のケースは一式を収納できて、ウレタンクッション材が入ったワリとシッカリしたモノでした。

AUKEYのスマホ用レンズセットを使ってみた感想とか


 モノをしばらく使っている中で感じた注意が必要な点良かった点を順に挙げていくと、


注意が必要な点

けっこうハデに歪む

Ora2-in-1LensSet-Normal-DistortionAberration
△レンズ無しの状態で撮影したモノ

Ora2-in-1LensSetWide-DistortionAberration
△ワイドレンズを装着して撮影したモノ

Ora2-in-1LensSetMacro-DistortionAberration
△マクロレンズを装着して撮影したモノ

 コレに関しては土台そういうモノなのでしょうがないんですけど、撮れた画はけっこうハデに歪んでいる感じです

上の画像はパソコンの画面に方眼を表示して、それをレンズ無し,ワイドレンズ装着,マクロレンズ装着の状態で撮影したモノなんですけど、
(ディスプレイを撮影したのでモアレや色が変になっている事に関しては勘弁してもらうとして)ワイドレンズを着けた状態では内側が膨らむような歪み(樽型収差)が、マクロレンズを着けた状態では内側がしぼむような歪み(糸巻き型収差)がけっこうハデに出ていますな。

 で、この辺が気になる方は補正したがると思うんですけど、このOra2-in-1LensSetはクリップ式の後付けレンズなので、スマホのカメラに対するレンズの位置が着脱する度に変わるんですな。
すると撮った画の中で歪みが出る範囲もその都度ビミョウに変わって、編集ソフトで補正するにしても設定が使い回せないのでちょっと厄介な感じ。

もじゃお
なのでレンズの歪みに関しては「味」と割り切ってしまった方が、苦労が少ないので良いと思いますぞ。

 補足:歪みの少ない後付けレンズが欲しいならMomentのモノがオススメです。


 ちなみに序盤で例に挙げたMomentのレンズはお高いだけあって、公式サイトの作例だけではなく、普通の人が書いたレビューを見ても画の歪みが全然無い感じですな。

また、Momentの製品はレンズマウントを搭載しているケースを装着して、そのマウントにレンズを装着するタイプなので、レンズとカメラの位置関係が固定されている事を考えると補正もしやすいと思いますぞ。


 なので、「スマホで撮影したいけど歪みを極限まで抑えたい」という方は1 Momentのケースとレンズを買って揃えた方が満足できると思います。

Moment公式サイトのレンズ一覧ページ:https://www.shopmoment.com/lenses

 Amazonでは(たぶん)並行輸入品が多く、公式サイトと比べて価格が乱高下しがちなので、海外通販に抵抗がないならMoment公式サイトから買った方がお得で安心。って感じになっています。

良かった点


今まで撮れなかった画が撮れるようになった。


 コレはそもそもそういう目的の製品なので「そりゃそうだ」って感じかも知れませんが、被写体により近づいて撮影できたり、より広い範囲を収めて撮影できるのが便利だし楽しいですな

実際どの程度変わるのかを見ていくと…

Ora2-in-1LensSet-NormalAngleOfView
△レンズ無しの状態の画角

Ora2-in-1LensSet-WideAngleOfView
△ワイドレンズを装着した状態の画角
 ワイドレンズを装着すると撮影できる範囲が1.5倍くらいに広がって、動画撮影時も(ワイドレンズを着けていない状態の)写真撮影時と同じくらいの画角になるのでワリと使いやすいですな。

Ora2-in-1LensSet-Normal
△レンズ無しの状態でピントが合うギリギリまで近づいて撮った写真

Ora2-in-1LensSet-macro
△マクロレンズを着けた状態でギリギリまで近づいて撮った写真

 何も着けていない状態だと被写体から7~9cm程度までしか寄れなくて、それ以上近づくと「被写体から離れて下さい」的なメッセージが表示されてピントを合わせられないんですけど、マクロレンズを着けると2cm程度まで寄って撮れるようになります。

もじゃお
また、どちらのレンズも解像感に関してはワリと良好と言っていいかと。

AUKEYのスマホ用レンズセットを使った感想のまとめ



 てな訳で今回はAUKEYのスマホ用レンズセット,Ora2-in-1LensSetを買って使った感想を書いてみた次第。

感想をザックリまとめると…
  • ワリとハデに歪む
  • 今まで撮れなかった画が撮れるようになった。

 みたいな具合。
画の歪みに関しては水平垂直がパキッと出ているモノを撮る際はやっぱり気になるんですけど、元々の目的である「至近距離での撮影」や、「広い範囲を収めた撮影」ができるようになったのは良かったですな。

 私が購入した際の価格はクーポンを適用して1,889円でしたが、2,300円くらいまでの値段で買えたら「充分満足できるんじゃないかなぁ」という印象ですな。
もじゃお
逆に通常販売価格の2,899円だったらちょっと悩んじゃうかな。

 個人的な要望としてはクリップ兼レンズマウントが脆そうなので、この部分だけ単体で300円くらいの値段で買えるようにしてくれたら今後も安心して使えるようになって嬉しいかなといった具合ですわ。

敬具

おまけ:AUKEY製品のお得な買い方

AUKEY公式ブログ:http://aukey.blog.jp/

(△メーカー公式ブログなのにライブドアブログだったり、HTTPS(SSL)通信に対応していない辺りがビミョウに謎ですが)
 AUKEYの製品はワリと結構な頻度でセールになったり、ガバッと安くなるクーポンが配布されたりするんですけど、
そのセール情報の告知やクーポンの配布はAUKEY公式ブログにて最初に行われる形になっています。

AUKEY製品の購入を検討している方は上に載せた公式ブログを確認するようにしておくと
(たぶん)最速で、セール情報や限定クーポンにありつける
ので、マメにチェックしておくとお得ですぞ。
  1. 使っている端末がMomentのケースに対応していて、且つ予算があるなら []
Amazonをよく使う方へ、よりお得に買い物する方法をまとめました

 上の記事では私が長年(といっても11年程ですけど)Amazonを使って買い物をする中で気づいた「Amazonでよりお得に買い物するための方法」をまとめています。

例えば、Amazonで買い物をする場合、予めAmazonギフト券をコンビニ・ATM・ネットバンキングのいずれかで支払って
自分のアカウントにチャージしておくと、チャージ額の最大2.5%分がポイント還元されてお得です。

ギフト券の有効期限も発行日から10年とメチャクチャ長いので、
「Amazonはワリと頻繁に使うけどAmazonのクレジットカードは持ってないよ」って方にはけっこうオススメだったりします。

 記事では他にも、現在の商品価格が本当にお得なのかを確認する方法や、欲しい物リストに入れた商品のセール情報を知る方法,
セール中の商品を検索する方法や、購入金額の○%(変動あり)のポイント還元を受ける方法など、
Amazonでよりお得に買い物するための小技・裏技を紹介しているので是非参考にしてもらえれば幸いです。

おすすめの記事