なんだかんだで結構お得! Amazonプライムを1年チョイ使っていて感じたメリットとデメリット,簡単に元をとれる使い方とか

 今回はAmazonプライム(有料)会員になってから1年チョイ経つけど、やっぱりお得ですわ。っていう話しです。

 ソレだけだと読む人がつまんないと思うので、使っている中で感じたAmazonプライムのメリットとデメリット,あとは簡単に年会費の元をとれるお得な使い方とかを書いています。


Amazonプライム(有料)会員の概要とか




Amazon:Amazonプライム

 まずはじめにAmazonプライムとはなんぞや?って事についてザックリ書いておくと、
年額3,900円で利用できるAmazonの有料会員(向けサービス)の事です。
年会費を先払いしておけば、通常はその都度お金が掛かる「お急ぎ便」や「当日お急ぎ便」,
「お届け日時指定便」等のサービスを追加料金無しで何回でも利用できるようになるヤツ


 また、だいぶ前から配達時のオプション以外のサービスも拡充されていて

  • Amazonのビデオオンデマンドサービスの「プライム・ビデオ」
  • 音楽配信サービスの「プライムミュージック」
  • 対象のキンドル本が読み放題になる「プライムリーディング」

  • 容量無制限で写真をクラウドに保存できる「プライム・フォト」,
  • Kindle本体を持っている人は対象のキンドル本の中から好きなモノを毎月1冊無料で読める「Kindleオーナーライブラリー」
  • 食品・日用品をちょっとお得にまとめ買いできる「Amazonパントリー」

  • プライム会員限定割引
  • タイムセールの商品を通常の開始時間よりも30分早く注文できるようになる「プライム会員限定先行タイムセール」

などのサービスが追加料金無しで利用できるようになっています。

 特に「プライム・ビデオ」,「プライムミュージック」,「プライム・フォト」は似たようなサービスを利用する場合、単体でも年間3,000円くらい掛かったりするのでたとえ配達オプションを使わなかったとしてもけっこう魅力的。って感じですわ。


Amazonプライムのメリットとか


 そんな訳でAmazonのプライム会員になると上の段に書いたような特典を利用できるんだけど、その中でも私が1年チョイ使っていて「コレは大きいなぁ」と感じた特典を書いていくと、

  • お急ぎ便や配達日指定使い放題は便利
  • プライムビデオはなかなか面白い
  • プライムミュージックは新しい音楽と出会うきっかけになる

  • プライムリーディングは地味に嬉しい
  • プライム会員限定の割引が結構ある
  • タイムセールに30分早く参加できるのは大きい
  • プライムフォトは画像ファイルのバックアップ先として有用

という具合。もう少し細かく見ていくと、


お急ぎ便や配達日指定使い放題は便利


 コレに関してはそのまんまなんですけど、お急ぎ便を使うと通常の配達よりも(体感で)1日早く到着しますし、配達日指定で「絶対家に居る日」を指定すれば一発で確実に受け取れるのでかなり便利です

 また、お急ぎ便を選ぶとほぼ確実に宅配業者がクロネコヤマトになるので、色々安心っていうメリットもありますな。

プライムビデオはなかなか面白い



Amazon:プライムビデオ

 プライムビデオに関してはAmazonオリジナルコンテンツ以外はけっこうラインナップが流動的なんですけど、キレイな海の中をひたすら映している番組とかがあるので、BGV的に流すとワリと楽しめます。

永遠に楽しめる! Amazonのビデオオンデマンド,プライムビデオの感想とか

2016.12.18
詳しくは以前書いた上の記事を参照して貰えればありがたいですわ。

プライムミュージックは新しい音楽と出会うきっかけになる。



Amazon:プライムミュージック

 プライムミュージックについても似たような感じで、「TV CM洋楽ソングス」とか,「○○年年間邦楽ランキング」,「○○年代ポップス」みたいなプレイリストがあるので、それをBGM的に掛けてなんとなく気に入った曲があれば、表示されているアーティスト名をクリックしてそのバンドのアルバムをまとめて聴く。みたいな事ができるのでけっこう良い感じ

 ただ、ラインナップ的には邦楽の品揃えにムラがあるから、その辺を期待すると肩すかしを食らうかも
洋楽に関してはなかなか充実しているので、夜中の通販番組で売ってるような「○○年代洋楽ヒットソング集」的CDを買うなら、プライム会員になってプライムミュージックを使った方が圧倒的にお得だと思いますぞ

メタルがミョウに充実してる!「Amazon Prime Music」の感想とか

2017.03.05
コレもまた詳しくは以前書いた上の記事を参照して貰えると幸い。

プライムリーディングは地味に楽しい



Amazon:プライムリーディング

 プライムリーディングに関しては上に挙げたふたつのサービスと比べて品揃えが全然良くないし、ラインナップもけっこう流動的に変わるんだけど、ワリと色んな種類の雑誌が常時あるから「興味はあるけど雑誌を買うほどでは無い」的なジャンルの情報をザッと知れるので、地味に楽しいです

Amazonのプライム会員なら追加料金無しでKindle書籍が読み放題! prime readingの使い方とか

2017.10.06
コレに関しても詳しくは以前書いた上の記事を参照して欲しい感じ。

プライム会員限定の割引が結構ある


△しかも割引率が高い
 対象となる商品の探し方は謎なんですけど、プライム会員限定割引が適用される商品があります。
ワリと定番の商品でも10%とか2,000円とか割り引かれるので積極的に利用していきたい感じ

タイムセールに30分早く参加できる


 他と比べると地味な特典なんですけど、プライム会員はタイムセールに30分早く参加できるので、(一般会員と比べて)ラクにタイムセール商品を買う事ができます。

特に一部の中華デバイスのような、セール中ハチャメチャに安くなる商品は争奪戦になる事が多いので、タイムセールに30分早く参加できるのは大きいですな

プライムフォトは写真のバックアップ先として有用


△ただし写真(画像)ファイル以外はシッカリカウントされる

Amazon:プライムフォト

 プライムフォトはAmazonドライブというクラウドストレージに、写真(画像)ファイルに限り容量無制限で保存できるサービスです。

 PCやスマホにアプリを入れてログインすれば、あとは勝手に画像ファイルがプライムフォト(クラウド)上に集約されるので、うまく使えば写真の管理に役立ちます。
特に難しい事を考えなくてもなんとなくでバックアップできるので、写真のバックアップ先として有用ですな



デメリットというか、ビミョウに不便なところ

 次にデメリットと言うか、正確にはビミョウに不便な点を挙げていくと、

プライム会員限定割引の対象商品を探す術が(たぶん)無い


 上の段で紹介したようにプライム会員限定割引は、AmazonデバイスやJBLのFLIPみたいなド定番の商品でも10%とか結構な割合で値引きしてくれるので、かなりお得なんですけど、それ以外はどんな商品が対象になっているかが解りません。

なぜかというと、今の所プライム会員限定割引が適用される商品を一覧的に探す術が(たぶん)無いので、調べようが無いんですな
プライム会員限定割引のお得さがわかっているので積極的に利用したいんだけど、イマイチそれを上手く使うような動線が用意されてない。って言うのがビミョウに不便ですな

(とりあえずこの投稿の終わりに2018年2月6日現在プライム会員限定割引の対象になっているめぼしい商品を載せておきます)

タイムセールの使い勝手はもうチョイなんとかして欲しい



Amazon:タイムセール

△ビミョウに使い勝手が悪いタイムセールページ

 タイムセールに関しては一般会員よりも30分早く参加できる点は良いんですけど、タイムセール商品の検索性が低いのが難。
Amazonのタイムセールページはビミョウに使い勝手が悪く、「タイムセール対象品の中にお目当てのモノが有るかどうかを検索する」という事は何故かできませんし、
カテゴリ別に絞り込むとタイムセールとは関係の無い,単にキャンペーン中の製品が混ざって表示されたりしているので、ワリと不便です


一応メルマガの設定をしたりAmazonアプリをスマートフォンにインストールしたりすると、欲しいものリストに含まれている商品がタイムセールになると
メールや通知でお知らせしてくれる事もあるんですけど、お知らせしてくれない事も多々あるので、あんまりアテにできない感じ。


プライムデー(プライム会員限定のタイムセールイベント)は楽しくない


 Amazonでは年に1~2回プライム会員限定のタイムセールイベントが開催されるんですけど、
上で書いたようにタイムセールページの使い勝手が悪いので、欲しいモノがセールになっているかが解らないし、
運良く欲しいモノが目玉商品的にクローズアップされていても争奪戦がメチャクチャ激しいので、あんまり楽しくはないです。

確かにお祭り感はあるし、メディアでも取り上げられる事が多いイベントなんですけど、
私個人としては「ふーん…」って感じ。正直ふつうのタイムセールの方がまだマシな気もします



簡単に年会費の元をとれる使い方


 ここまで読んでて感づいた方も多いかと思いますが、
プライム会員限定割引やプライムリーディングを使うとワリと簡単に年会費(3,900円)の元がとれます。

特にプライム会員限定割引を利用すると、KindleやFire タブレットなどのAmazonデバイスが常時2,000円から4,000円程安く買えてしまうので、一瞬で元がとれちゃう感じ。


Amazon:Fire 7 (Newモデル)

△特にAmazonデバイスの割引率がスゴいですな。
 


Amazon:JBL FLIP 4

 他にもJBLのBluetoothピーカーが10%オフになったりするので、これらの商品を買うつもりなら割引目当てでプライム会員になるのも全然アリ。


今回のまとめとか



Amazon:Amazonプライム

 そんな訳で今回は私が1年チョイの期間Amazonプライムのサービスを利用してきた中で感じた事とかを書いてみた次第。

色々と不満な点も書きましたが、ココまで多くの特典を年額3,900円で受けられるのは正直メチャクチャにお得だと感じているので、「月に何回かはAmazonで買い物するよ」っていうような方はプライム会員のお得さをシッカリ実感できると思います

 逆に言うと個々の特典を単体で見た場合、専門のサービス(動画で言うと「Hulu」とか)と比べて少しラインナップが弱いから、1個の特典だけを目当てに入会すると肩すかしを食らってガッカリするかも知れないので、基本的には「Amazonをよく使う人が、よりお得に使えるようになる」というモンだと考えて検討すると間違いがないかと思いますぞ。敬具。


おまけ:おすすめのプライム会員限定割引の対象商品


 最後に余談というかオマケとして今日(2018/02/06)現在の時点でプライム会員限定割引の対象になっているオススメの商品を載せておきます。

割引額は(たぶん)タイミングによって変わるし、その都度チェックした方が間違いが無いと思うので書きませんが、だいたい2,000円~4,000円くらいです。
また、楽天でも売っているモノは比較するとき便利なようにそちらへのリンクも合わせて載せています。

Kindle


Amazon:Kindle (Newモデル)

 一番安いKindle本体。
Kindleの中では一番安いし軽いんだけど、解像度がちょっと荒い(167ppi)から、漫画とかイラストが多い本を読む時はちょっとモヤッとする。(文字主体の本なら全然快適に読める)
あと、本体に画面を照らすライトが搭載されていない

Kindle Paperwhite


Amazon:Kindle Paperwhite

 ふつうのKindle(読み方はキンドル ペーパーホワイトかな)。
無印Kindleと比べて解像度が300ppiとほぼ倍になっているので、漫画とかイラストが多い本でもボチボチ快適に読める。
あと、画面を照らすライトが4箇所に搭載されているので、暗い中でもふつうに読める。
 ただ、お値段とストレージ容量の関係上次に挙げるKindle Paperwhite マンガモデルの方がおすすめ

Kindle Paperwhite マンガモデル


Amazon:Kindle Paperwhite マンガモデル

 漫画向けにストレージが増強されたKindle Paperwhite。
基本的にはふつうのPaperwhiteと同じなんだけど、ファイル容量の大きい漫画を端末内に入れておけるようにストレージが4GBから32GBに強化されている

価格もふつうのPaperwhiteと2,000円くらいしか変わらないので、Paperwhiteを買うならこちらのマンガモデルの方が良いと思う

Kindle Voyage


Amazon:Kindle Voyage

 画面の両サイドに圧力センサーが搭載されたKindle(読み方はキンドル ボヤージュかな)。
画面の左右に圧力センサーが搭載されているので、画面に触らなくてもページ送りができるようになった。
画面を照らすライトが6箇所に搭載されていて、明るさセンサーで画面の輝度調節もできる。
ページを進めた際の表示もPaperwhiteより少し早くなっているらしい。

ただ、お値段が高いワリにストレージは4GBと少ないので、
「コレだったらPaperwhite マンガモデルの方が良いかな」という感は正直ある


Kindle Oasis


Amazon:Kindle Oasis

 現状最も高性能なKindle。
IPX8の防水機能があるので、お風呂でもキンドル本を読める。
画面が他のモデルより1インチ大きくなり、ページ送りボタンも搭載されている。
画面を照らすライトが12箇所に搭載されていて、明るさセンサーで画面の輝度調節もできる。
また、ページ送りの反応も速くなっているので、本の読みやすさは向上していると思う。

ストレージ容量は8GB/32GBの2モデルがあるけど、3,000円くらいしか変わらないのでコレを買うなら32GBモデルを選ぶのが良さそう。

 ただ、なかなかのお値段(33,980円or36,980円)なので、
画面が小さくても良いなら「Paperwhite マンガモデルを買って、その差額(20,700円)で本を買った方が良いのでは?」という気もする。

Fire 7 (Newモデル)


Amazon:Fire 7 (Newモデル)

 Amazonのタブレット端末。
メチャクチャに安い。プライム会員限定割引を適用すると驚くほど安くなる
 正直スペックは全然低くてOSも((一応アンドロイドベースではあるけど))Amazon独自のFire OSなので、(基本的には)Google Playも使えないからアプリで遊ぶには難があるし、
画面の解像度も1,024×600と低いからデカいスマホ的に使おうと思うと違和感がある


 ただ、リビングに置いておいてテレビとかを見てて気になった事をネットで調べたりする端末としてはワリとふつうに使える。お値段がメチャクチャに安いから家族と共有の端末として使って、ブッ壊れても(心の)ダメージは少ない。

そういう意味では「みんなで気兼ねなく使える安タブレット」として、まあまあアリな気もする

 ストレージ容量は8GBと16GBのモノがあって、それぞれ8,980円と10,980円なんだけど、この端末にはmicroSDカードスロットがあるし、画面サイズと解像度がもう一段高いFire HD 8が11,980円から買えるので、16GBのFire 7を買うんだったらもう千円足してFire HD 8を買った方が良いかな。

Fire HD 8 (Newモデル)


Amazon:Fire HD 8 (Newモデル)

 画面サイズと解像度が強化されたAmazonのタブレット端末。
こちらもプライム会員限定割引を適用するとかなり安くなる。
画面サイズが8インチ,解像度がHD(1280×800)になり、スピーカーもステレオになった。
また、RAMも1.5GBに強化されバッテリー駆動時間もFire 7の8時間から12時間に伸びている


逆に言うと強化された点はそれぐらいで、その他のスペックが全然弱い事には変わりない

ストレージ容量は16GBと32GBのモノがあるけど、この端末もmicroSDカードスロットがあるし、全体的にスペックが低いため「ストレージが倍になったところで」感があるので、ビミョウなところですな。

Fire HD 10 (Newモデル)


Amazon:Fire HD 10 (Newモデル)

 色々な点が強化されたFire HD。
こちらもプライム会員限定割引を適用するとかなり安くなる。

画面サイズが10.1インチ,解像度が1920×1,200、
CPUが1.8GHz×2/1.4GHz×2のクアッドコア,RAMが2GBに強化されている


 正直今(2018年)現役バリバリのタブレット端末と比べると少しスペックが低いけど、重いゲームをしないなら充分快適に使える。
同価格帯のAndroidタブレットと比べてもカメラがショボい点を除けばワリと性能は高い方で、プライム会員限定割引後の価格で考えるとけっこう優秀

 OSがAmazon独自のFire OSである事が気にならないなら、リビングに置いて気になった事をなんとなく調べたり、電子書籍を読んだり、音楽を無線でスピーカーに飛ばして聴いたり、プライムビデオとかHuluで動画を見たりというような、「軽い娯楽の橋頭堡」として使うのになかなか良さげな感じ

JBL FLIP 4


Amazon:JBL FLIP 4
楽天:JBL FLIP 4


 JBLのモバイルスピーカー。
JBLのモバイルスピーカーの中では定番であるFLIPシリーズの一番新しい機種で、サイズ(500mlペットボトルの胴体部分くらいの大きさ)や音質,IPX7の防水性能1に最大12時間のバッテリー駆動時間など,モバイルスピーカーに求められる全ての要素が高い水準で実現されている

 友達がコレよりも一つ古い機種のFLIP 3を持っていたので、借りて使ってみたら「もう全部コレ1台で良いんじゃないの?」って思うくらい音が良くて、値段もそんなに高くない(だいたい一万円チョイくらい)ので、私も買おうかどうか考えてるヤツです

JBL FLIP 3


Amazon:JBL FLIP3
楽天:JBL FLIP 3


 JBLのモバイルスピーカー。
上に挙げたFLIP 4の一つ古いモデルで、(たぶん)ここ数年でモバイルスピーカーがワッと広まったキッカケになった機種。

 FLIP 4と同じく基本性能が良くてIPX5の防水2なので、チャポンと水中に落とさないように気をつければ、殆どどこでも気兼ねなく使える音質が良いモバイルスピーカーって感じ

FLIP 4が出た今もFLIP3は併売されている(たぶん在庫限りかな)のですが、こちらは現在8,000円を切るくらいのお値段で、そこから更にプライム会員限定割引が適用されてけっこう安くなるので、FLIP 4とこのFLIP3のどちらを選ぶか、ワリと悩ましげな感じ。

JBL CHARGE3


Amazon:JBL CHARGE3
楽天:JBL CHARGE3


 JBLのモバイルスピーカー。
防水性能がIPX7に強化されたデッカいFLIP3みたいな機種。
本体が大きくなった分スピーカーユニットが大きくなり、バッテリー駆動時間も20時間まで伸びている

JBL PULSE 3


Amazon:JBL PULSE 3
楽天:JBL PULSE 3


 JBLのイルミネーションがハデなモバイルスピーカー。
JBL Pulse 3 | Sound you can see.
JBL Pulse 3 | Sound you can see.

△(参考動画)

 とにかくLEDのイルミネーションがスゴい機種。
基本的には立てて使うヤツですな。
モバイルスピーカーとしての性能は他の機種と同様に高いんだけど、
スピーカーユニットが両端に追いやられている関係上、音的にはFLIPとかCHARGEの方が良いらしい。

でも「パッと見で欲しくなり度」はスゴいですな

  1. 水深1mの中に30分間入れても浸水しない []
  2. あらゆる方向からの噴流水(要はシャワーみたいなヤツですな)に対して有害な影響がない []