DG-D10IWPSale2020108(1)

 raytrektab DG-D10IWPは2018年12月にドスパラから発売された、
傾き検知と4,096段階の筆圧検知に対応したワコム製のペン入力技術「Wacom EMR」を利用できるWindowsタブレット。

発売当初は税別で79,800円と、PCとしてのスペックが低い事を加味すると最高峰のペン入力機能が使える事を考慮しても決して安くはありませんでしたが、

価格改定が行われて税別49,800円になり、2020年11月4日午前11時までの期間限定のクリエイター応援クーポンを利用するとそこから10,000円引かれるので消費税・送料を込みにしても48,080円と、50,000円を切る値段になっています

スポンサーリンク

raytrektab DG-D10IWPの概要とか

△Amazonや楽天にはCPUがほんの少しパワーアップしたDG-D10IWP2しか置いていないので注意

ドスパラ:raytrektab DG-D10IWP


始めにraytrektab DG-D10IWPはどんなWindowsタブレットか?
という事についてザックリ言うと、「ペン入力性能は最高峰、PCとしてのスペックは最低限」といった感じの製品ですな。

PC的なスペックを軽く挙げていくと…

OS:Windows 10 Home (64bit)
CPU:Celeron N4100(4コア4スレッド 基本 1.1GHz/最大 2.4GHz)
グラフィック:Intel UHD Graphics 600
ディスプレイ:10インチ,1,920×1,200

RAM:8GB LPDDR4
ストレージ:128GB SSD
ペン入力:傾き検知,4,096段階筆圧検知対応 「Wacom EMR」

その他:指紋認証機能搭載,CLIP STUDIO PAINT DEBUTのシリアルコード同封,Wacom EMR対応ペン同梱,手書き風液晶保護フィルム(ペンを使った際の書き味を紙っぽくするための画面保護フィルム)同梱

という具合。
 raytrektabシリーズの製品もこのDG-D10IWPになってだいぶマシになり、
RAMは8GBあるし、ストレージも容量は少ないけどSSDになっているしで、
お絵描き専用機として使うなら困らないくらいの性能にはなっています。

また、機能限定版のDEBUTではありますがクリスタのシリアルコードが同封されていて、
ペンと書き味を紙っぽくするための画面保護フィルムも同梱されているので、「コレ1台買えばお絵描きを始められる」という構成になっているのは嬉しいですな。

が、CPUがけっこう弱いモノなので、PC的に使うつもりならその辺が不安なところ

raytrektab DG-D10IWPの価格について

DG-D10IWPSale
続いてraytrektab DG-D10IWPの価格について触れていくと、
発売当初の2018年12月時点での価格は79,800円(税別)で、
価格改定があった2020年(たぶん)9月時点での価格49,800円(税別)。

ドスパラ公式サイトでは2020年11月4日午前11時まで限定のクリエイター応援クーポン「raytrektab2020」を適用すると10,000円引かれて39,800円
送料の3,300円と消費税を入れて48,080円となっています。

 価格に関しては発売当初税別・送料別で79,800円と、スペック表を見て分かる通りPCとしてのスペックは決して高くない事を加味すると、
最高峰のペン入力機能が使える事を考慮しても決して安くはなく、「もう一声欲しい」というのが正直な印象でしたが、

税込み・送料込みで50,000円を切るとなると、がぜん魅力が感じられますな。

2020年10月8日追記:クーポンの配布は終了しましたが、何故か更に安くなっています。


DG-D10IWPSale2020108(1)

ドスパラ:raytrektab DG-D10IWP

 とか言ってたら、今日(2020年10月8日)チェックしたところ、
11月4日午前11時まで有効と記載されていた10,000円引きのクーポン配布が終了していました。

「流石に速すぎない?」とか思ってraytrektab DG-D10IWPの欄を見てみたら、価格が39,800円+税となっていて
送料の3,300円と消費税を入れても47,080円と、クーポンが配布されていた時よりも更に1,000円安くなっていました。謎。

今raytrektab DG-D10IWPは結局買いなの?という話とか

△Amazonや楽天にはCPUがほんの少しパワーアップしたDG-D10IWP2しか置いていないので注意

ドスパラ:raytrektab DG-D10IWP

もじゃお
いやーどうなんですかね。

 CPUのスペックは低いけど、お絵描専用機として使うには1問題無い範囲に収まっていますし、

ペン入力性能に関しては発売から2年経った2020年でも、Wacomが直接リリースしているWacom MobileStudio Pro(最安でも228,000円!)を除けばWindowsタブレットの中では最高峰って言って良い感じなんですわ

 先に挙げたようにCPUの性能が低い事とか、
USBポートが充電端子と共用で1個しかなくてしかも端子がTypeーCだから、普通のUSB機器を使おうと思ったら変換アダプターかUSBTypeーC対応のハブを別途用意しなきゃイケないとか、
流石に発売から2年経ってるから新しいモデルが出るかも知れないとか、

気になる所はチラホラあるので、PC的に使うことも考えている方には「激オススメです!」とは言い切れないのが正直なところなんですけど、

買おうかどうか悩んでいた人は安くなっている内に買えたらメチャクチャお得ですな

もじゃお
 とりあえず私が上の記事を書き始めた2015年から2020年10月7日の今日までの間にいくつか出てきた、
「お絵描きを楽しめるレベルのペン入力性能があるWindowsタブレット」の中では最安になっていて
「Windowsタブレットでのお絵描きはどんなモンか試してみたいぜ!」という方にはオススメできる製品なので、お知らせする記事を書いた次第です。


もじゃお
幸い11月4日までワリと期間があるので、私もジックリ検討しようと思いますわ。

敬具
今回紹介したraytrektab DG-D10IWPのチェックは下記のリンクからどうぞ。
  1. クリスタで3D素材を読み込んだりというようなCPUパワーが求められる使い方をしないなら []
Amazonをよく使う方へ、よりお得に買い物する方法をまとめました

 上の記事では私が長年(といっても11年程ですけど)Amazonを使って買い物をする中で気づいた「Amazonでよりお得に買い物するための方法」をまとめています。

例えば、Amazonで買い物をする場合、予めAmazonギフト券をコンビニ・ATM・ネットバンキングのいずれかで支払って
自分のアカウントにチャージしておくと、チャージ額の最大2.5%分がポイント還元されてお得です。

ギフト券の有効期限も発行日から10年とメチャクチャ長いので、
「Amazonはワリと頻繁に使うけどAmazonのクレジットカードは持ってないよ」って方にはけっこうオススメだったりします。

 記事では他にも、現在の商品価格が本当にお得なのかを確認する方法や、欲しい物リストに入れた商品のセール情報を知る方法,
セール中の商品を検索する方法や、購入金額の○%(変動あり)のポイント還元を受ける方法など、
Amazonでよりお得に買い物するための小技・裏技を紹介しているので是非参考にしてもらえれば幸いです。

このブログ内の記事をランダムで表示しています