腰というか尻がヤバかったので「ボディドクター ザ・シート」っていうちょっと良いクッションを導入してみたらたいそう良かったという話
腰というか尻がヤバかったので「ボディドクター ザ・シート」を導入してみたらたいそう良かったという話

もじゃお
どうもこんにちは。仕事も遊びもデスクトップPCで完結する暮らしをしばらくしていたら、お尻にニキビみたいなデキモノができて地獄を見たもじゃおです。

 今回は、腰というか尻がヤバかったので「ボディドクター ザ・シート」っていうちょっと良いクッションを導入してみたらたいそう良かったという話です。

タイトルで全てを語った感もありますが本文にはコレを買った経緯とかしばらく使った感想とかを詳しく書いています。
結論めいた事を先に書いてしまうとメチャクチャ良かったですわ。

スポンサーリンク

コレ「ボディドクター ザ・シート」はどんなクッションか?


 はじめにコレ「ボディドクター ザ・シート」がどんなクッションかという事をザックリ紹介すると、100%ラテックスフォームで作られた低反発でも高反発でもない、「正反発」のクッションです。

で、その「正反発」がどんな性質かというと公式サイトには『筋肉と同じ様な弾力を持ちどんな体重のかたでも下から同等の力で押し返してくれる』とあります。

もじゃお
 まあ正直よくわかんないんですけど使ってみた印象を言うと、薄く(3cmくらい)て柔らかいのに底付き感が無くて快適

でも絶対的な厚さがないから体格がいい人は底付きしそう。という具合でした。


コレ「ボディドクター ザ・シート」を買った経緯とか

 私は仕事にも遊びにもデスクトップのPCを使っていて「イスVS.尻VS.腰」の耐久力勝負みたいな生活を送っていたんですが、
先日ついに腰痛に見舞われてワリとどうしようも無い感じになったんですよ。

 原因は1もちろん長い時間座りすぎたせい。
私はクッションがスカスカになったそうとう昔の椅子を使っていて、

Chair

△デザインがシンプルだから古さは感じないけど、私が物心つく前から家にある。

座骨と座面の底にある固い板でお尻が板挟みになる状態で長時間座りすぎたせいでお尻の肌に負担がかかり、ニキビみたいなデキモノが発生して

それを庇って変な座り方をしていたら今度は腰まで痛くなって、にっちもさっちも行かない状態になってしまった的な。

もじゃお
 幸い腰痛は湿布を貼ったり休んだりしてたら治まったんですけど、これが慢性化したらヤバいだろうなーと思って色々と調べる事にしました。

まあ根本的な事を言うと「ある程度ちゃんとした椅子に変える」というのが完全に正解の答えっぽかったんですが、ちょっとお金が掛かりすぎてしまいそうだったので、今回は応急処置的にこのクッション「ボディドクター ザ・シート」を買ってみた次第。

もじゃお
私が購入した時の価格は3,880円でした。

もじゃお
 先走って感想を言ってしまうとお尻のダメージがメチャクチャ軽減されてなかなか良かったですわ


ボディドクター ザ・シートの写真とか


P1020242

△クッション本体
 クッションのサイズはザックリ測って縦39cm半くらい、横40cm半くらいで、厚さは3cmあるかないかという感じ。

P1020243

△クッションの中身
 クッションのカバーは外せるようになっていて
中身は「こんな感じのなにか」としか言えないような変わった質感の素材が入ってました。
材質はどうやら100%のラテックス(ゴムにする前の樹脂みたいなヤツ)らしい。
ダニとか虫が巣食う余地が殆どないのはありがたいですな

P1020245

△タグ
 クッション素材に100%天然のラテックス使って作っていますよ。っていうニュアンスの事と、テスト機関の基準を満たしている事を示したマークとかがタグ的な部分に書いてありました。

ボディドクター ザ・シートをしばらく使った感想とか


 使い始めてからはや5年以上経ちますが、結論から言うと大層良いですぞ。

クッション本体は率直に言ってペラいので、最初に届いた時は「えっ、これで4,000円?」(早まったかな?)と思ったりもしましたが、

いざイスの上に敷いて座ってみると「柔らかいけどかなり弾力があって底付きしない」みたいな独特な感触の座り心地で結構しっくりきました。

 私は長時間座っているとお尻の感覚で「たぶん明日か明後日にはお尻にデキモノが発生するだろうなぁ」という感じでお尻の疲労度がある程度わかるんですけど、
このクッションを使い始めてから尻への負担が激減してお尻にニキビ的なデキモノが発生する事がほぼ無くなりましたし、お尻の疲労感も少なく、お尻の体力が温存されている印象ですわ。

私の環境ではかなりヘボい椅子を使っていて、元々お尻に対しては過酷な状況だったんですが、コレのおかげでかなり快適になって良さを充分体感できたので、今では「これで4,000円なら充分お得だわ」って思っていますぞ。

他にも昼寝する時腰の辺りに敷いて使ったりもしているんですが、購入から5年以上経った2020年の時点でもクッションがヘタっていないので、相対的なコストパフォーマンスはメチャクチャ良いかと

もじゃお
私みたいに「長い時間座って作業をしててツラいけど椅子を買い換える程の覚悟は無い」という方はとりあえずコレを試してみるのもアリだと思いますぞ。

敬具
  1. そらそうだって感じですが []
Amazonをよく使う方へ、よりお得に買い物する方法をまとめました

 上の記事では私が長年(といっても11年程ですけど)Amazonを使って買い物をする中で気づいた「Amazonでよりお得に買い物するための方法」をまとめています。

例えば、Amazonで買い物をする場合、予めAmazonギフト券をコンビニ・ATM・ネットバンキングのいずれかで支払って
自分のアカウントにチャージしておくと、チャージ額の最大2.5%分がポイント還元されてお得です。

ギフト券の有効期限も発行日から10年とメチャクチャ長いので、
「Amazonはワリと頻繁に使うけどAmazonのクレジットカードは持ってないよ」って方にはけっこうオススメだったりします。

 記事では他にも、現在の商品価格が本当にお得なのかを確認する方法や、欲しい物リストに入れた商品のセール情報を知る方法,
セール中の商品を検索する方法や、購入金額の○%(変動あり)のポイント還元を受ける方法など、
Amazonでよりお得に買い物するための小技・裏技を紹介しているので是非参考にしてもらえれば幸いです。

おすすめの記事