Mistelの新しい左右分離型メカニカルキーボードの「BAROCCO MD770」ってヤツがメチャクチャ良さそう

BAROCCO Series MD770

 今回はMistelという台湾のキーボードメーカーから今後発売されるBAROCCO Series MD770という左右分離型のメカニカルキーボードが私的には理想的な製品でメチャクチャ気になりますぞ。っていう話しです。


スポンサーリンク

コレ「BAROCCO Series MD770」はどんなモノか?

BAROCCO Series MD770

Mistel公式フェイスブックページ:Mistel BAROCCO Series MD770

 始めにこの「BAROCCO Series MD770」はどんなキーボードか?という事をザックリ紹介すると、Mistelというメーカーがリリースする左右分離型のメカニカルキーボードです。
メーカー名と製品名の読み方は「ミステル」「バロッコ シリーズ エムディ770」かな?

 キーボードが左右に分かれるとどんな良い事があるかというと、右手側と左手側をそれぞれを好きな位置にセットできるから、普通のキーボードと比べてより自然な体勢でキー入力ができる。って感じですな。

 製品の詳細はまだハッキリとは分からないんですけど、掲載されている写真や投稿に付いているタグ、後はコメントへの返信を見ると、

  • 左右分離型のメカニカルキーボード
  • キー配列は「F1~F12」や「Del~End」キー,「カーソル」キーが搭載された84キーの英語配列
  • キーキャップはPBT製のダブルショット

  • cherryMX(茶軸・青軸に対応?)スイッチ搭載
  • USB Type-C端子搭載
  • Bluetooth接続対応

  • RGBバックライト搭載
  • ゲーミング(同時押し対応?)
  • マクロ対応?
  • Windows/macOS両対応
  • 6月に(アメリカの方の)Amazonで発売される

という特徴がある感じ。
(私が特に魅力的だと感じている点はマーカーで強調しました)


コレ「BAROCCO Series MD770」の魅力的なところとか


BAROCCO Series MD770 RGB

Mistel公式フェイスブックページ:Mistel BAROCCO Series MD770
△この構成でRGBバックライトを搭載しているのもイカす。

 このキーボード「BAROCCO Series MD770」はどんなところが魅力的なのか?っていう事に触れていくと、左右分離型っていう所の他にもキーボードの核心となる部分が優れている点が挙げられますな。

具体的に言うとキーのスイッチは耐久性や打鍵感に定評があるcherryMXシリーズのモノを搭載しているし、キーキャップの素材はこれまた耐久性・耐摩耗性が非常に高いPBT製のモノをデフォルトで採用してるから、後から自分で交換しなくても平気。
しかもこのキーキャップはダブルショット1のモノなので(現時点で見られる写真はどれも無刻印だけど)印字のかすれとかの心配が無いヤツ。

 キーの配列はコンパクトでありながら「F1~F12」キーや(無刻印なので完全な確証はありませんが)「Delete」,「Home」,「PgUp」,「PgDn」,「End」キー,上下左右のカーソルキーが独立しているおかげでフルサイズのキーボードと殆ど同等の機能を利用できる84キー配列(75%配列とも呼ばれていますな)で、キーボードにこだわりがある人でもメインのキーボートとしてガッツリ使い倒せる構成になっているんですわ。

 84キー配列は右端の縦一列に「Del~End」キーが並んでいるのでワリと好みが分かれる(私以外にこの配列が好きって言う人を見たことがない)んですけど、私はこの84キーの配列がスゴく気に入っているので、この「BAROCCO Series MD770」の左右分離+メカニカル+84キー英語配列+RGBバックライト+PBTキーキャップの構成は「正に理想のキーボード」という感じで、私はメチャクチャ魅力的に感じています。


 ちなみに「左右分離型のコンパクトなメカニカルキーボード」っていうのだったら、Mistelから同じBAROCCOシリーズで「BAROCCO MD650L」や「BAROCCO MD600」というモデルがあるんですが、MD600はF1~F12キーや上下左右のカーソルキーが無い2し、MD650Lはカーソルキーは独立したモノがあるんだけどF1~F12キーが無かったりします。


コレ「BAROCCO Series MD770」の少し気になるところ

BAROCCO Series MD770 cherryMX Brown

Mistel公式フェイスブックページ:Mistel BAROCCO Series MD770

△とりあえずcherryMXの茶軸は確定でありそう

 続いてはこのキーボード「BAROCCO Series MD770」を見ていて少し気になったところを書いていくと、

シンプルに「日本でも販売してくれるかどうかは分からない」って事ですな。そして3技適の問題でBluetooth機能を使えるかどうかも分からないって言うのもあります。

また、USB Type-C端子は左右のキーボードを繋ぐために使われるモノなのか?、単純に充電用のモノなのか?、それとも有線でもPCと接続できてその際に使うモノなのかが分からなかったりするのが気がかりな感じですな。


今回のまとめとか

BAROCCO Series MD770

Mistel公式フェイスブックページ:Mistel BAROCCO Series MD770

△このキーキャップは(たぶん)限定品かな?

 そんな訳で今回は台湾のMistelっていうキーボードメーカーから今後発売される「BAROCCO Series MD770」っていう左右分離型のメカニカルキーボードがメチャクチャ良さそうですぞ。っていう話でした。

まだ製品の詳細や価格なんかがハッキリしていないので確定的なことは言えませんが、個人的にはほぼ完璧な「理想のキーボード」と言って良いくらい魅力的な構成の製品なので発売が楽しみですな。

 もし日本で発売されなかったとしても有線での接続で利用できるなら輸入してでも入手したいくらいの「良さ」を感じているので続報を座して待とうと思いますわ。敬具
  1. 2色の樹脂を組み合わせて作る方式 []
  2. 日本語配列モデルは「Fn」「\」「Pn」「右CTRL」キーの位置に設定できるっぽいけど… []
  3. 日本で売ってくれるかどうか分からないから []