HUAWEI Band 4_VS_Mi Smart Band 4-Eye

もじゃお
 どうもこんにちは。最近PC版のディスガイア5を購入しました。もじゃおです。

 今回は手頃な値段で買える活動量計というかスマートバンドでは定番である、HUAWEIのHUAWEI Band 4と、XiaomiのMi Smart Band 4をしばらく(だいたい一ヶ月くらいかな)使い比べてみた感想なんぞを書いてゆく次第です。

ちなみに忙しい方向けに結論めいた事を先に言ってしまいますと、睡眠状態のチェック機能を重視しているならHUAWEI Band 4を、その辺を重視しないならバッテリー駆動時間の長さやアプリの使いやすさ、画面のキレイさ等の点が優れている事からXiaomiのMi Smart Band 4の方を選ぶと満足できると思いますぞ。

スポンサーリンク

今回使い比べたモノの概要とか

Xiaomi Mi Smart Band 4 【日本正規代理店品】スマートバンド 活動量計 万歩計 心拍計 健康管理 睡眠モニター 5ATM防水 着信通知 音楽再生コントロール 最長連続20日間使用可能 高精細カラー有機ELパネル/iPhone&Android対応
シャオミ(Xiaomi)

 今回感想を書く製品の概要をザッと言うと、市場では活動量計とかスマートバンドと呼ばれているモノですな。

心拍数を計測するためのセンサーやジャイロセンサー等を搭載していて、ほぼリアルタイムでの心拍数の計測や睡眠状態のチェック,歩数計などの機能を利用する事ができるモノ。

また、スマートフォンのアプリと組み合わせて使うと計測した数値の統計を見ることができて、そこから生活習慣の改善方法などの情報を得られる。って感じの製品ですわ。

 今回使い比べた「HUAWEI Band 4」と「Mi Smart Band 4」はスマートバンドの中では「とりあえずどっちかを選んでおけばOK」と言われるくらい定番的な製品となっています。

言ってしまうとどちらの製品も機能的な違いはほとんど無く、
どちらもファームウェアのアップデートによって不具合の解消や機能の追加が提供されているため、「この機能が欲しいならコレを買うしか無い」みたいな事もほとんど無いです。

もじゃお
 強いて言うならXiaomiのMi Smart Band 4の方は実験的な機能として「バンドのロック」という、腕から外したらバンドにロックを掛けてパスワードを入れないと中の情報にアクセスできない状態にする機能があって、

コレに関してはHUAWEI Band 4には無い独自の機能と言えるんですけど、なにぶん実験的な機能なだけあって「バンドをずっと装着していても勝手にロックが掛かる」という挙動が多発して、現状あんまり実用的ではないので正直気にしなくても良い感じ。

 そういった事情もあるので今回は仕様的な比較よりも実際に使っていて感じた、「使い勝手的な面」での比較の結果を書いてゆきたい所存。

Amazonで買い物をするなら…

Amazon:Amazonチャージ
(ちなみにAmazonで買い物をする場合は、上のリンクのページからAmazonギフト券をコンビニ・ATM・ネットバンキングのいずれかで支払って、
自分のアカウントにチャージしておくとチャージ額の最大2.5%分が翌月中旬にポイント還元されてお得ですよ)

使い比べてみた印象とか

SmartBandImpression
 適当に使い比べてみた印象としては上の表みたいな感じ。
具体的に言うと…
  • 心拍数の常時計測(ほとんど同じ)
  • 睡眠状態のチェック機能(HUAWEI Band 4の方がより詳細で正確)
  • 歩数計(ほぼ同じだけどHUAWEI Band 4の方が多めに出る事が多い)

  • バッテリー駆動時間(Mi Smart Band 4の方が圧倒的に長い)
  • 充電のラクさ(HUAWEI Band 4は直接USBポートに挿して充電できる)
  • アプリの使いやすさ(Mi Smart Band 4の方がだいぶ良い)

てな具合。
個人的に「おっ」と気になった点をより詳しく見ていくと…

睡眠状態のチェック機能はHUAWEI Band 4の方がだいぶ優れている

HuaweiHealthSleepResult01
△HUAWEI Band 4の計測結果

MiFitSleepResult01
△Mi Smart Band 4の計測結果

 上のスクリーンショットは両方のスマートバンドを装着して一晩寝た際の計測結果。
自身の感覚としては午前0時30分前後に眠りに入り、何時かは分からないけど途中で鼻がピリピリして何度か目が覚めて、何だかんだで午前8時頃に起きた。みたいな感じ。

それぞれのアプリで睡眠状態をチェックしてみると、眠りに入った時刻と起きた時刻,後は深い睡眠と浅い睡眠の割合に関してはほぼ同様に検出されていますが、Mi Smart Band 4は途中で目覚めた状態を検出できてないですな。

この例に限らず睡眠状態のチェック機能に関しては全体的にHUAWEI Band 4のモノの方が計測精度・情報の量共に優れていてMi Smart Band 4では「絶対途中で起きてたのにずっと寝ていたと判定されている」みたいな事がアリガチな印象

 その点HUAWEI Band 4の方は途中で目が覚めた所を「目覚めている時間」として検出できているので、「より正確に計測・解析できている」と言って良いかと。

HuaweiHealthSleepResult02
△HUAWEI Band 4の方はワリと細かく分けて評価してくれている印象

また、睡眠の状態もその深さや時間だけではなく、夜間の睡眠時間・深い睡眠の割合・浅い睡眠の割合・レム睡眠の割合・深い睡眠の連続性・(途中で)目が覚めた回数・呼吸の質など多くの項目に分けて評価してくれるのも、参考にしやすくて良いですな。

もじゃお
MiFitSleepResult02
 Mi Smart Band 4も情報が整理されていて見やすくはあるんですけど、HUAWEI Band 4と比べると少し計測精度がアバウトな所があるので、睡眠状態のチェック機能に関してはHUAWEI Band 4の方が優れている感じがしましたわ。

バッテリー駆動時間はMi Smart Band 4の方が圧倒的に優れている


 バッテリー駆動時間の長さに関してはMi Smart Band 4の方が圧倒的に優れていますな。
バンドのサイズ感的には大差ないのに何でこんなに長持ちするんだろう?って思うくらい長持ちします。

 具体的に言うと、(心拍数や睡眠状態のチェック機能はどちらも常時オンにしています)HUAWEI Band 4は通知や天気予報の機能をオフにしていても5日前後でバッテリー残量10%とかになって、「1週間は絶対持たないな」って感じなんですけど、

Mi Smart Band 4は通知と天気予報をオンにした状態で10日経ってもバッテリー残量が30%とか残っているので、バッテリー駆動時間の長さに関してはMi Smart Band 4の方が圧倒的に優れていると思いましたわ。

アプリの使いやすさはMi Smart Band 4の方がだいぶ良い

HuaweiHealth01
MiFit01
 アプリの使いやすさに関してはMi Smart Band 4の方がだいぶ良いですわ。
情報量としてはHUAWEI Band 4よりも若干少ないんだけど、整理されていて見やすく、「情報の出し方がうまい」って感じ。

 アプリの安定性に関してもMi Smart Band 4の方が良くて、12月10日から今(2020年1月13日)まで使っていて不具合っぽい挙動に遭遇したのは1回だけで、その内容も「正しいIDとパスワードを入れてもログインできない」(アプリを終了してスマートフォン自体を再起動したら直った)と言う程度だったので、まだ全然ガマンできる感じですな。


 HUAWEI Band 4のアプリに関しては、情報量は多いしアプリ自体はそんなに使いにくいわけでは無いんですけど、安定性がイマイチ良くない印象

HUAWEIのスマートウォッチやスマートバンドを使おうとすると何故かアプリを2個インストールする必要があって、その連携が上手くいっていないのかバグっぽい挙動がチラホラあるんですわ。

 具体的に言うと、バンド側で睡眠状態や心拍数のデータを録れていても、アプリ側でそのデータを見られない。という事が月に2~3回くらいの頻度で発生します

特に睡眠状態のデータはスマホやバンドを再起動したり、手動で同期したり、ペアリングをやり直してもグラフに反映されない状態になりやすいですな。

 私は家族のHUAWEI WATCH GTをZenFone4 SelfieProで、自分のHUAWEI Band 4をGooglePixel3 XLで管理していますが、その不具合は同時に起きて(2~3日経過すると配布される)Huawei Healthアプリを更新すると直るので、たぶんHuawei Healthアプリ側の問題だと思うんですけど、

アプリのアップデートによって解決されたはずの不具合が日を置いて再び発生する。という事が繰り返し起きているので、そういった「安定性を含めた使いやすさ」はあんまり良くないなぁ。と言うのが正直なところ

画面はMi Smart Band 4の方がだいぶキレイ

HUAWEI Band 4_Mi Smart Band Display01
HUAWEI Band 4_Mi Smart Band Display02
 バンド本体の画面に関してはMi Smart Band 4の方がだいぶキレイですな。
ディスプレイの解像度自体もMi Smart Band 4の方が高いんですけど、有機ELディスプレイなだけあって発色がキレイだし、黒が締まっているので字が読みやすい印象。

HUAWEI Band 4とMi Smart Band 4をしばらく使い比べてみた感想のまとめとか

Xiaomi Mi Smart Band 4 【日本正規代理店品】スマートバンド 活動量計 万歩計 心拍計 健康管理 睡眠モニター 5ATM防水 着信通知 音楽再生コントロール 最長連続20日間使用可能 高精細カラー有機ELパネル/iPhone&Android対応
シャオミ(Xiaomi)

 そんな訳で今回はHuaweiのスマートバンドであるHUAWEI Band 4とXiaomiのスマートバンドのMi Smart Band 4をしばらく使い比べた感想を書いてみた次第。

ザックリまとめると
  • 睡眠状態のチェック機能はHUAWEI Band 4の方が情報量・精度共に優れている
  • バッテリーの持ちはMi Smart Band 4の方が圧倒的に良い
  • アプリ等の使い勝手はMi Smart Band 4の方が良い

てな具合。
ポイントとしては睡眠状態のチェック機能どの程度重視するのか?という所で、睡眠状態のチェック機能をメインに考えているならHUAWEI Band 4を選んだ方が絶対満足できると思いますし、

逆に言うとそれ以外の使い勝手は多くの面でMi Smart Band 4の方が優れているので、「睡眠状態のチェック機能はそんなに重視してないぜ!」という方はMi Smart Band 4を選んだ方が満足度が高いと感じましたわ(安いし)。

もじゃお
私はほぼ活動量計として使っているので、ガジェットとしての機能をガッツリ使いこなしている方からしたら「?」と思われるかも知れないんですけど、個人的な結論としてはこんな感じですな。

敬具

以下スマートウォッチ・スマートバンド系の関連記事




Amazonをよく使う方へ、よりお得に買い物する方法をまとめました

 上の記事では私が長年(といっても11年程ですけど)Amazonを使って買い物をする中で気づいた「Amazonでよりお得に買い物するための方法」をまとめています。

例えば、Amazonで買い物をする場合、予めAmazonギフト券をコンビニ・ATM・ネットバンキングのいずれかで支払って
自分のアカウントにチャージしておくと、チャージ額の最大2.5%分がポイント還元されてお得です。

ギフト券の有効期限も発行日から10年とメチャクチャ長いので、
「Amazonはワリと頻繁に使うけどAmazonのクレジットカードは持ってないよ」って方にはけっこうオススメだったりします。

 記事では他にも、現在の商品価格が本当にお得なのかを確認する方法や、欲しい物リストに入れた商品のセール情報を知る方法,
セール中の商品を検索する方法や、購入金額の○%(変動あり)のポイント還元を受ける方法など、
Amazonでよりお得に買い物するための小技・裏技を紹介しているので是非参考にしてもらえれば幸いです。

このブログ内の記事をランダムで表示しています