本当に一刻も早くエアコンが欲しい場合は窓用エアコンっていう手もアリですよ

 今回は、窓用エアコンだったら自分で設置出来て工事を待つ必要がないから、夏のシーズン真っ盛りでもすぐにエアコンを導入できますよ。っていう話しです。


スポンサーリンク

話の経緯とか(読み飛ばしてOK)


 なんか知らないんだけど、1最近どうしようもなく暑いので、私の所でもエアコンを設置しようかなと考えていたのですが、古い家だという事もあり、作り付けの家具と窓の配置の関係で普通のエアコンは設置できないという事が判明したんですな。

厳密に言うと不可能ではないけど、かなりアクロバットな工事をして貰わないといけなくて、工事費でワリと良いエアコン1台買えちゃうくらい掛かるし、今はシーズン真っ盛りなものですから、そういう大きな手間が掛かる工事をする場合、順番待ちの期間が長い。(私の場合は三週間くらい待つ必要があるっぽかった)
という具合だったので、他に手は無いか調べてみたところ、どうやら窓用のエアコンであれば素人でも設置出来るらしい。という事がわかったので以下に書き留めておく次第。


窓用エアコンとはどんなモノか?



Amazon:窓用エアコン
楽天:窓用エアコン
Yahoo!ショッピング:窓用エアコン


 始めに窓用エアコンはどんなモノか?という事についてザックリ言うと、その名の通り「窓(正確にはサッシの手前側)に設置するエアコン」です。
 外に直接繋がる窓に設置するので、吸気や排気のため,壁に穴を開ける必要がないので自分で設置することが出来ます

また、普通のエアコンは部屋の中に冷気や暖気を送る室内機と、不要な温度の空気を外に吐き出す室外機に分かれているんですけど、
窓用エアコンの場合はその二つが合体した構造になっているので、室外機を置く場所がなくても設置出来るのも特徴ですな
 
 部屋の中に冷気や暖気を送る室内機と、室外機が合体している構造になっている事と汎用的な窓に搭載できる大きさに抑えている事もあり、絶対的な冷暖房能力はそれほど高くない(木造で4~5畳,鉄筋コンクリート造で6~7畳くらいが目安)んですけど、その分安いし設置や撤去を自分で行なえるので工事費も掛からない。てな感じ。


どんな窓に設置(導入)できるのか?



 (たぶん)窓用エアコンで最大手のコロナの製品では、
開き幅が495mm以上,高さが813mm以上1,400mm以下の窓に。

(たぶん)窓用エアコンでは二番手のハイアールの製品では、
開き幅が380mm以上,高さが777mm以上1410mm以下の窓に取り付けできます。

また、「高さ140cm以上の窓しか無いんだけど」という場合は別売りの取り付け枠を使うとコロナの製品では高さ190cmまでの窓に、ハイアールの製品では高さ200.5cmまでの窓に設置出来ます。

 こういう風に書くと?って感じで正直分りにくいですが、寝室とか子供部屋の、腰より高い位置にある汎用規格の窓であれば大抵設置できるって感じですな。



設置(導入)の手順はどんな感じ?


「おてがるエアコン」の取付け手順|コロナ

△コロナ:おてがるエアコンの取り付け手順


【全編】ハイアール窓用ルームエアコン取付動画解説

△ハイアール:窓用ルームエアコン取り付け動画解説


 窓用のエアコンは基本的に買った人が自分で設置する事を前提にして作っているので、取り付けが非常にカンタンになるように配慮されています

具体的な設置方法に関してはメーカーによってビミョウに違うので、詳しくはメーカーのサイトや同梱の説明書を参照した方が良いんですけど、基本的な流れとしては、

  1. 取り付け用の枠を窓にセットする
  2. 取り付け用の枠を窓の高さに合わせて伸ばして固定する
  3. エアコン本体を(窓にセットした)取り付け用の枠にセットして固定する
  4. (外気や虫が入らないように)外側のガラス戸にパッキンを貼る
  5. 2窓が一定の幅以上開かないように鍵を付ける

 てな具合。
細かい手順は窓の種類とか立ち上がり(サッシのフチみたいな部分)の高さによっても変わってくるんだけど、だいたいこんな感じですな。

上の方にも載せましたがコロナ,ハイアール共に取り付け方を動画で案内しているので、ちょっと不安な方は動画を見て予習しておくと宜しいかと。

コロナ:ウインドエアコンの取り付け方

ハイアール:ルームエアコン標準取付枠取付工事説明書(PDF)


 また、コロナに関しては製品の取り付け方を静止画でも案内しているし、ハイアールが配布しているPDFを読むと標準取り付け「対象外」の窓への取り付け方が解るので、そちらも合わせてチェックしておくと、「いざ取り付け」となった時アワアワしなくて済むかと。

余談ではありますが、コロナの動画ではお姉さんがエアコン本体をヒョイッと持ってスッと取り付けているので軽そうに見えますが、実際は軽いヤツでも21キロあるので、「屈強だなあ」と思いました。(謎の感想)


今回のまとめ



Amazon:窓用エアコン
楽天:窓用エアコン
Yahoo!ショッピング:窓用エアコン


 そんな訳で今回は、本当に一刻も早くエアコンが欲しい場合は窓用エアコンだったら自分で取り付けできるから、工事を待つ必要がない分夏のシーズン真っ盛りでもすぐにエアコンを導入できますよ。っていう話しでした。

 あと、上に広告を載せておいてこういう事を言うのもナンですが、窓用エアコンは5~6畳向けの機種で35,000~48,000円くらいが相場なので、現在(2018年8月)は大手通販サイトでの販売価格は需給の関係もありかなり高騰しています

 各ショップのページをチェックしてみて、相場と大差ない値段であればエアコン本体がメチャクチャ重い3ので、通販で買った方が良いとは思いますが、エアコンを乗せて持ち帰れる車があるなら、電気屋さんかホームセンターから買った方が正当な価格で入手できると思うので、そちらの方がオススメだったりします。敬具。
  1. 気象図で気圧配置を見たら、暖かく湿った空気が滞留し続けてるんだなくらいはわかりますが []
  2. 使用中はエアコン本体分の幅だけ窓を開ける事になるので []
  3. 21~28キロくらいある []