【高性能で謎に安い】Samsung 980 レビュー【PCIe 3.0 x4では一番オススメのSSD】

もじゃお
どうもこんにちは。アームレストが付いたゲーミングチェアを導入したけど部屋が狭すぎてイスを動かせなくなり、結局アームレストを外して使っているもじゃおです。

 今回は、Samsung 980というSSDを買って導入したので、ベンチマーク結果や使ってみた感想なんかを書いてゆく次第。

もじゃお
 忙しい方向けに結論を先に言うと、Cドライブとして使っていても、ベンチマークで公称の最大転送速度に近い速度を発揮するという、イカした性能でした

 くわえて、同等のスペックを持った他の機種よりも1,000円~2,000円ほど安い価格で販売されているので、PCIe 3.0 x4のSSDでは一番オススメ

もじゃお
久々に「迷ったらとりあえずコレを選んでおけばOK」と、人に勧められるような良いモノでした
スポンサーリンク

Samsung 980の概要

Amazon:Samsung 980

 はじめに「Samsung 980はどんなモノか?」という事について、ザックリ紹介しますと、NVMe(PCIe 3.0 x4) M.2接続のSSDです。
もじゃお
更にかみ砕いて言うと「パソコン用の超速いストレージ」ですな。

公称の最大転送速度は容量1TB(1,000GB)のモノで、読み込み3,500MB/秒、書き込み3,000/秒。
容量500GBのモノで、読み込み3,100MB/秒、書き込み2,600MB/秒。
といった具合。

 同じ規格のSSDではトップクラスの性能なのに、謎に安い価格で販売されているので、「迷ったらコレ!」的な定番商品だったりします

 私は最近新しくPCを組んだのですが、そのPCのOSをインストールするストレージとして使うために買いました。

もじゃお
私が買ったのは容量が500GBのモノで、買った時の値段は7,380円でした。

Samsung 980のパッケージ内容


Samsung-980-Review01
 Samsung 980のパッケージはこんな感じ。
パッケージ内容としては…
SSD本体/説明書/ランサムウェア対策ソフトの1年版ライセンス(箱の裏に貼られているシールの中面にライセンスキーが記載されてる)

という具合。
 M.2用のネジやドライバーは付属していません。

もじゃお
M.2用のネジに関してはMB付属していることが多いので、それを使えばOKですが、ドライバーに関しては別途精密ドライバーが必要になりますな。

Samsung-980-Review06
 付属の説明書は日本語での記載もあります。
取り付け手順はイラストを使って案内してくれているので分かりやすいかと。

Samsung-980-Review07
 また、SSDの健康状態や総書き込み量のチェック/SSDのファームウェアアップデート/セキュアイレースができるSamsung純正のSSD管理ソフト「Samsung Magician」をダウンロードして使ってね的な紙も入っていました。

Samsung-980-Review02
 SSD本体の表面。
(たぶん)チップは片面だけに実装されているタイプですな。
シールが貼ってあって分りにくいですが、コントローラーのチップにはニッケルの被覆があって、放熱性を高めているらしいです。

Samsung-980-Review05

△裏面に貼ってあるシールは金属製になっている

 また、裏面に貼ってあるシールも金属製の「ヒートスプレッダーラベル」と呼ばれるモノになっていて、(謳い文句的には)NANDチップの効果的な熱制御を実現しているらしいです。

 「ヒートスプレッダーラベル」単体では、表面積も小さいしエアフローが無い裏面に貼ってあるので、大した意味は無いと思うんですけど、両側から挟み込むタイプのM.2用ヒートシンクを使う際、シールが熱伝導のジャマにならないのは良いですな。

もじゃお
ただ、最も発熱するであろう表面コントローラー側のシールは普通のシールだったりするので、「なんだかなあ」と言った気持ちになります。

ryzen-homemade-pc-assembly01
△組み込んだ後の写真しかなくて恐縮です。

 組み込んだ後の写真しかなくて恐縮なんですけど、PCに組み込むとこんな感じですな。

CrystalDiskMarkSamsung980_500GB
 今回使ったMSI MPG B550 GAMING PLUSというMBには、M.2用のヒートシンクがあったので、M.2のスロットにSamsung 980を装着して、その上からヒートシンクでフタをしたような状態になっています。

ベンチマーク (CrystalDiskMark 8)



△Cドライブとして使っていても公称の最大転送速度に近い速度が出ている

 CrystalDiskMark(クリスタルディスクマーク)で、ベンチマークを行った結果がコチラ。

もじゃお
条件としては「設定」から「NVMe SSD」を選択して、テスト回数を「5」,テストサイズを「1GiB」に設定して実行しました。

 上の画像を見ての通り、Cドライブ(OSのインストール先)として使っているという、不利な条件の下ベンチマークを行ったのですが、
  • シーケンシャルリード:3,177MB/秒
  • シーケンシャルライト:2,299MB/秒

という500GBモデルの公称最大転送速度である最大読み込み速度3,100MB/秒、最大書き込み速度が2,600MB/秒に近い速度が出ています
もじゃお
もっと言うと読み込み速度は、公称の最大転送速度よりも実測値の方が速いですな。
この条件でこのくらいの速度を発揮できるのは率直に言ってスゴいですぞ。

ベンチマーク中・ベンチマーク後の温度


Ryzen-Homemade-PC-Benchmark016A
 続いて、NVMeのSSDでは心配材料となる温度を見ていきましょう。

条件としては、
  • Samsung 980にはMB付属のヒートシンクを装着した状態
  • PCケースのサイドパネルなどは全て閉じて、実用時と同じ環境

この条件で、先ほどのCrystalDiskMark 8を実行して、温度を見てみました。

 上に載せた画像の通り、CrystalDiskMark 8を実行している最中でも52度で収まっています。
ベンチマークが完了してから1分間放置した温度は46度でした。


 この結果を見てSamsung 980は発熱が大人しいのかな?とか思っていたんですけど、他のサイトのベンチマーク等をチェックすると、どうやらヒートシンクを装着した事でかなり温度を抑えられているっぽいですな。

もじゃお
(たぶん)「ブン回すとピンポイントで温度は上がるけど、熱量自体は少ない」みたいな感じなんじゃないかな。

Samsung 980を使っていて感じた良いところ・注意が必要なところ


 続いて、実際にSamsung 980を使っていて感じた良いところと、注意が必要なところを挙げていきますと…

  • ヒートシンクは着けた方が良さそう
  • ケーブル類が不要で、装着がラク
  • シンプルに性能が高い
  • 価格が謎に安い

より詳しく見ていくと…

ヒートシンクは着けた方が良さそう




 各メディアのレビュー記事やベンチマーク結果を見ると、ヒートシンク無しではコントローラー部分の温度が高くなりがちなので、ヒートシンクは着けた方が良さそう。

 私が使っているヒートシンクは、MSI MPG B550 GAMING PLUSに付属している「M.2 SHIELD FROZR」なるもので、

構造的には「熱伝導パッドが付いた合金の板」で、SSDの上に重ねてネジ留めするというシンプルなモノですが、ワリとしっかり温度を抑えられています

もじゃお
ヒートシンク自体はMB付属のモノや、安価なモノでも平気そうなので、「とりあえず着けておく」と安心して末永く使っていけるかと。

ケーブル類が不要で、装着がラク


Samsung-980-Review06
△説明書の写真で恐縮です。

 M.2のSSDは、MBのM.2用のスロットに差し込んで、端が浮かないようにネジで留めるだけなので、装着がラクです。

 SATA接続のストレージはSATAケーブルとSATA電源ケーブル,計2本のケーブルを接続する必要があったことを考えるとメチャクチャ楽ですな。

もじゃお
M.2ではケーブル自体が不要なので、その分PCケース内の配線がスッキリするのも良いところ。

シンプルに性能が高い



 「ベンチマーク」の段でも紹介しましたが、Cドライブとして使っていても、公称の最大転送速度に近い性能を発揮できていて、シンプルに性能が高いです。

もじゃお
 「不利な条件でも性能を発揮できる」というのは末永く使っていく上で心強いですな。

価格が謎に安い

Samsung-980-Review10 Amazon:Samsung 980

 これまで書いてきたように、Samsung 980はPCIe 3.0 x4のSSDではトップクラスの性能を持っているのですが、同等の仕様のSSDと比べて、謎に安い価格設定になっています

具体的に言うとメモリチップがTLC NAND,PCIe 3.0 x4、容量500GB前後で、最大読み込み速度3,000MB/秒以上、最大書き込み速度が2,500MB/秒以上のSSDを探してみると…

GIGABYTE M30 GP-GM30512G-G 実勢価格9,500円前後
WESTERN DIGITAL WD Black SN750 実勢価格9,700円前後

もじゃお
 有力な製品としては上の2機種になるんですけど、見ての通りどれも9,500円前後は掛かっちゃう感じ。

もじゃお
 そしてSamsung980がどのくらいの値段なのかというと、だいたい6,700円~7,000円くらい。2,000円前後安く買えるんですわ

もじゃお
性能はもちろん、耐久性の指標となるMTBFやTBW、保証期間も上に載せた2機種と遜色がないので、なんで安いのか正直謎ですな

 スケールメリットがある事+搭載されている部品から全部自社製造である事を加味してもお得さが目立つので、Samsung 980はマーケティング的な戦略で安く設定されているのかも知れませんな。 1

【高性能で謎に安い】Samsung 980 自腹レビュー【PCIe 3.0 x4では一番オススメのSSD】のまとめ

Amazon:Samsung 980

 てな訳で今回は高性能なのに何故か安い、Samsung 980のレビューを行ってみた次第。

OSのインストール先として使っていても、公称の最大転送速度に近い性能を発揮できるのは、流石サムスンのSSDと言った感じですな。
発熱に関してもヒートシンクを使っていれば心配ない程度に収まっていました。

 また性能が十分十二分に高く、保証期間も5年と長いのに価格が謎に安いのも嬉しいところ
特に500GBモデルの実勢価格は2021年の8月~9月時点で6,700円~7,000円前後なんですけど、

もじゃお
この価格は同等のスペックを持ったSSDでは最安クラスだったりするので、お得感がスゴいですな。

500GB最安クラスの価格帯で、

  • 同規格トップクラスの性能
  • 部品からファームウェアまで自社生産の安心感
  • 5年間の長期保証

 コレだけのメリットが得られるのは、私が知る限りこの「Samsung 980」だけなので、個人的に一番オススメの製品ですな。

もじゃお
久々に「迷ったらとりあえずコレを選んでおけばOK」と、人に勧められるような良いモノでした

この記事で紹介したモノまとめ
Amazon:Samsung 980
楽天:Samsung 980
Yahoo!ショッピング:Samsung 980

PCパーツ・自作PC関連の記事


  1. 同じSamsungのQVOシリーズは搭載しているメモリの構造上,性能や耐久性が劣っていて、接続規格の関係で転送速度も低いのにSamsung 980と殆ど変わらない値段で売っていたりするし []
Amazonでお得に買い物するなら……

AmazonCharge
Amazon:Amazonチャージ
 Amazonで買い物をするなら「Amazonチャージ」を使って、5,000円以上のAmazonギフト券を現金でチャージすると非常にお得です
1回のチャージ金額にもよりますが、チャージ金額の最大2.5%分のポイントが翌月中旬に貰えます。

Twitterでフォローしよう

このブログ内の記事をランダムで表示しています