超軽量マウスの掃除にはサイバークリーンが便利ですよ【掃除用スライム】

もじゃお
 どうもこんにちは。1年弱使ったマウスをジックリ見てみたら、あまりにもホコリやチリが凄くて戦々恐々としたもじゃおです。

 今回は、超軽量マウスで掃除しにくい肉抜き部分を掃除するには、サイバークリーンというお掃除グッズを使うとラクに掃除できて便利ですよ。という話ですな。

もじゃお
サイバークリーンを長持ちさせるための小技なんかも書いているので、お役に立てれば嬉しいです

スポンサーリンク

(閲覧注意)掃除する前と、掃除した後の写真

UltralightMouseCleaning01
△メチャクチャに汚くて恐縮です。
 掃除をする前の写真はこんな感じですな。
全く掃除していなかったわけではなくて、2~3日に一度くらいの頻度でマウスのボタンや表面を拭いてはいたんですが、拭き掃除ではどうにもならない肉抜きの穴部分にチリやホコリが溜まって、メチャクチャに汚いですな

もじゃお
ただ、超軽量マウスは肉抜きによって軽量化されているモノが多いので、ワリと仕方のないことだったりします。

UltralightMouseCleaning02
△完璧ではないけど、かなりマシになっている。
 掃除した後の様子を見ると、奥の基盤部分などにチラホラ残ってはいるものの,肉抜き穴部分のチリやホコリに関してはかなりマシになっていると言って良いかと。
もじゃお
 サイバークリーンを使えば、所要時間2分とかでこのくらいの掃除ができるので、私の様に「汚れまくったのをなんとかしたい」という状況だけではなく、「キレイな状態を保ちたい」という方にもオススメだったりします。

 次の段では掃除に使った道具である「サイバークリーンとは何か?」という事について見ていきましょう。

サイバークリーンとは何か? どんなモノなのか?

created by Rinker
ミュー
¥4,000 (2021/10/26 13:56:30時点 Amazon調べ-詳細)
Amazon:サイバークリーン CarCare

 今回超軽量マウスの肉抜きの穴部分を掃除するのに使った道具は、サイバークリーンというお掃除グッズ。

コレがどんなモノなのかを簡単に言うと、入り組んだところのホコリを取ることができるスライムで、除菌機能もあるモノですな。

使い方としては、キレイにしたい場所に「スライムを押しつけて剥がす」というシンプルなモノなんですが、狭い隙間や小さな穴にも入り込んでチリやホコリを吸着してくれるので、PC周辺機器の掃除に便利だったりします
もじゃお
ちょっと残念な点としては、時期やお店によって値段に差があること。
同じボトルタイプのモノでも700円~2,000円と値段の振れ幅が大きいんですわ。

UltralightMouseCleaning03
 サイバークリーンには黄色・青色・オレンジ色・緑色のモノがありますが、オレンジ色のモノは靴用で、緑色のモノは植物の葉に付いたホコリ掃除に使うモノらしいです。
PC本体や周辺機器を掃除する目的であれば黄色か青色のモノを選ぶと良さそうですな。

もじゃお
私が買ったのはCarCareという青色のモノ。
買った時の値段は160gで725円でした。

もじゃお
 後に紹介する小技を使うとワリと長持ちさせることができるので、「安い時に2個くらい買っておいて保管しておく」というのもアリだと思いますぞ。

 次の段では、実際にサイバークリーンを使って、超軽量マウスの肉抜き穴部分を掃除していきます。

サイバークリーンを使ったマウス掃除の様子

UltralightMouseCleaning04
 サイバークリーンをボトルから出すとこんな感じ。
見ての通り固めのスライムと言った印象ですな。

 使い方としては先にもチョロッと書きましたが、「スライムを押しつけて剥がす」というシンプルなモノなので、サクサク進めていきましょう。

UltralightMouseCleaning05
 2~3秒押しつけて剥がすとこんな感じ。
汚くて恐縮ですがチリやホコリがメチャクチャ取れていますな。

押しつける時間の目安について
 ちなみにサイバークリーンを押しつける際は力加減にもよりますが2~3秒。長くても4~5秒に抑えておいた方が良いです。
理由としてはあまり長い時間押しつけていると、穴の向こう側でスライムが再度合体して、なかなか取れなくなる場合があるからですな。
もじゃお
穴の向こう側や入り組んだ隙間にスライムが残ってしまった場合、それを取り除くのは地味に大変なので、深追いしすぎない様に注意しましょう。

UltralightMouseCleaning02
 何回か繰り返して、満足したらサイバークリーンを使った超軽量マウスの肉抜きの穴部分の掃除は完了です。

もじゃお
私は撮影しながらやった事もあり、ワリとモタモタしちゃったんですけど、所要時間としては2分とかで済むので、頻繁に掃除したい方でも便利に使えると思いますぞ。

超軽量マウスの掃除にはサイバークリーンが便利ですよ【掃除用スライム】のまとめ


UltralightMouseCleaning02
 改めて見るとだいぶキレイになりましたな。
そんな訳で今回は、超軽量マウスで掃除しにくい肉抜き部分を掃除するには、サイバークリーンというお掃除グッズを使うとラクに掃除できて便利ですよ。という話でした。

created by Rinker
ミュー
¥4,000 (2021/10/26 13:56:30時点 Amazon調べ-詳細)
Amazon:サイバークリーン CarCare

 値段の振れ幅が大きいという難点はあるモノの、掃除が難しい肉抜き穴をカンタンにキレイにできるので、ワリとオススメだったりします。

もじゃお
掃除に掛かる時間も2分とかで済みますし、除菌もできるのでマウスを清潔に保ちたいという方も便利に使えると思いますぞ。

Amazon:ColorCoral 粘着クリーナー

 300円とかあんまり安すぎるモノだと不安ですが、上海問屋などのお店で売っている類似商品でも(たぶん)同じように使えると思いますわ。

もじゃお
類似商品はワリと安定して1,000円前後の値段で買えるので、超軽量マウスの肉抜き穴部分の掃除に悩んでいる方は試してみるのもアリかと。

敬具

サイバークリーンを長持ちさせるためのちょっとした小技

UltralightMouseCleaning06
 サイバークリーンが入っている容器は、気密性がビミョウなので、そのままだと半年くらいで水分が飛んで使えなくなっちゃいます

 長持ちさせるための小技がありまして、その内容としては、「サイバークリーンの容器ごとジップロック的な袋に入れておく」というモノ。

もじゃお
使わない時はサイバークリーンの容器をジップロック的なチャック付きの袋に入れて、空気を抜いてしまっておくと、水分を保ったまま長く使えますぞ。

UltralightMouseCleaning07
 私が今回の記事で使ったサイバークリーンは2019年の8月に買ったモノ。
2019年の9月下旬に開封して、それ以降2~3ヵ月に1回くらいの頻度でキーボードの掃除などに使っていますが、今(2021年7月14日)でもふつうに使えていたりします。

もじゃお
 たぶん気温(暑い地域だと早く乾きそう)とかも関係しているとは思うんですけど、ふつうに使うより圧倒的に長持ちすることは確かなので、既にサイバークリーンを使っている方にはぜひ実践してもらいたいところですな。


PC周辺機器やガジェットの掃除に関連する記事の一覧

Amazonでお得に買い物するなら……

AmazonCharge
Amazon:Amazonチャージ
 Amazonで買い物をするなら「Amazonチャージ」を使って、5,000円以上のAmazonギフト券を現金でチャージすると非常にお得です
1回のチャージ金額にもよりますが、チャージ金額の最大2.5%分のポイントが翌月中旬に貰えます。

Twitterでフォローしよう

このブログ内の記事をランダムで表示しています