【疲労軽減】タオルや手ぬぐいでリストレストを自作すると快適ですよ【おすすめ】

もじゃお
どうもこんにちは。使っていたリストレストが汚れたので、その代わりに手ぬぐいを巻いて使ってみたら思いのほか快適でちょっとビックリしている、もじゃおです。

・キーボードを打ちすぎて手首が痛い…
・キーボードが厚くて打ちにくい…
・机が低くてキーボードが打ちにくい…

もじゃお
という悩みはありませんか? 私もけっこう長い間、上に挙げたような悩みを持っていたんですが、リストレストを使うようになってからかなり改善されました

もじゃお
私の感覚的にはキーボード作業での疲労感が5%~10%くらいは軽減されますぞ。

 家にあるタオルや手ぬぐいを使えば、「ラクに手っ取り早くキーボード作業を快適にできる」ので、この記事ではタオルや手ぬぐいを使って自分に合うリストレスト作る方法を紹介しています

スポンサーリンク

リストレストとはなにか?


created by Rinker
サンワサプライ
¥1,118 (2021/09/25 23:49:19時点 Amazon調べ-詳細)
△こういうヤツです。

 先に「リストレストとはなにか?」という事についてチョロッと紹介しておくと、キーボードの手前に置いて、キーボードと手首の高低差を小さくする事で疲労を軽減するモノですな。
もじゃお
 キーボードと手首の高低差が小さくなるとキーを打つ際に「手首を持ち上げる」必要が無くなるので、その分疲れにくい状態で作業できます

この手のモノはパームレストとも呼ばれているんですけど、特に明確に意味を持って使い分けされていない印象なので、リストレスト≒パームレスト(ほぼ同じ意味で使われている)と思って良いかと。

 マジェスタッチやHHKB 1等の有名なキーボードには専用のリストレストがあったりするので、該当する機種を使っているのであれば、専用のリストレストを使うのも良いですな。

もじゃお
専用のパームレストがない機種であれば、(クッション性や高さを調節できるので)タオルや手ぬぐいをリストレストにして使うのがオススメですな。

 タオルや手ぬぐいを使って自作すれば安あがりに済みますし、汚れたら洗濯できるなど、既製品のリストレストにはないメリットも多くあるので、個人的には既製品のリストレストよりもおすすめだったりします。

もじゃお
高さがあるメカニカルキーボードを使っていて、リストレストを使っていない方は一度試してみて欲しいですな。

タオルや手ぬぐいでリストレストを自作する方法の説明と、リストレストにちょうど良い大きさについての解説


 多くの人はもう既に想像が付いているかと思いますが、タオルや手ぬぐいでリストレストを自作する際のやり方を紹介すると…

  1. ちょうど良い大きさのタオルや手ぬぐいを用意する
  2. ちょうど良い幅と厚みになるように巻く
  3. キーボードの手前に置く

以上の3ステップでできます。

 「リストレストにちょうど良い大きさ」に関しては、私が試した感じでは…

  • 75%キーボード:長辺が30cm~35cm前後のモノ(フェイスタオルや手拭いを半分に折ればOK)
  • テンキーレスキーボード:長辺が35cm~40cmのモノ(フェイスタオルや手ぬぐいを半分に折ればOK)
  • フルキーボード:長辺が45cm前後のモノ(手ぬぐいを半分に折ればOK)

  • マウス:ハンカチなどでOK。
こんな具合でした。

もじゃお
 折り方や巻き具合によって調整できる幅が広いので、個人的には手ぬぐいを使うのがおすすめですぞ。

タオルや手ぬぐいでリストレストを自作する流れ


 それでは実際にタオルや手ぬぐいでリストレストを作る方法を見ていきましょう。

フルキーボード向けの作り方と、テンキーレスキーボードや75%キーボード向けの作り方に分けて紹介していきます。

といっても、やる事は行程は「巻く」とか「折る」だけなので、

  • 「高さ(厚み)を稼ぎたいなら巻いて作る」
  • 「高さ(厚み)を減らしたいなら折って作る」
  • 「固く巻くとクッション性も固くなる」
くらいしか解説することもなかったりしますが、お付き合いいただければ幸いです。

フルキーボード向けの作り方


TenuguiWristRest01
△手元にフルキーボードが無かったので、おおむね同じような幅になるようにセッティングしました。

 手ぬぐいやフェイスタオルの長さが半分になるように折って、長辺側から巻いていきます
長辺側から巻くと横幅がだいたい40cm~45cm前後になって、フルキーボードの横幅と同じくらいになります。

TenuguiWristRest02
TenuguiWristRest03
 巻き終わったら完成です。お疲れさまでした。

テンキーレスキーボードや75%キーボード向けの作り方


TenuguiWristRest04
 手ぬぐいやフェイスタオルの長さが半分になるように折って、短辺側から巻いていきます
短辺側から巻いていくと横幅がだいたい30cm~35cm前後になって、テンキーレスキーボードや75%キーボードの横幅と同じくらいになります。


巻き終わったら完成です。

TenuguiWristRest09
TenuguiWristRest08
 角度を変えて厚みを見るとこんな感じですな。


 巻かずに畳むと高さを抑えられます。


 また、使わないときはキーボードにかぶせておけば、キーボードをホコリから守る簡易的なキーボードカバーとしても使えますぞ。

 次の段では、タオルや手ぬぐいをリストレストにするメリット・デメリットを解説しています。

タオルや手ぬぐいでリストレストを自作するメリット


タオルや手ぬぐいをリストレストにするメリット・デメリットをザッと挙げていくと…

メリット

  • クッション性や高さを調節できる
  • 汗を吸収してくれて蒸れにくい
  • サイズ感の自由度が高く、ピッタリな大きさにできる
  • 使わないときはキーボードカバーになる
  • (家にあるモノを使えば)お金が掛からない
  • 汚れても洗濯すれば良いので衛生的
  • デザインが無限にある
  • (布なので)軽く、畳めばコンパクトになるので持ち運ぶのがラク

てな具合ですな。

 上に挙げたメリットは、既製品のリストレストには無いメリットなので、個人的には既製品のリストレストよりもオススメだったりします

逆にデメリットを挙げるとすると…

デメリット

  • 使い古しのモノを流用するとみすぼらしい

 というくらいですな。
実用的には問題ありませんが、見た目を気にする場合はキレイな手ぬぐいやタオルを使うようにしましょう。

「【疲労軽減】タオルや手ぬぐいでリストレストを自作すると快適ですよ【おすすめ】」のまとめ

TenuguiWristRest09
△使い心地としてはガーゼ素材の手拭いが一番快適でした。

 そんな訳で今回は、家にあるタオルや手ぬぐいでリストレストを自作すると「ラクに手っ取り早くキーボード作業を快適にできるよ」という話しでした。

・キーボードを打ちすぎて手首が痛い…
・キーボードが厚くて打ちにくい…
・机が低くてキーボードが打ちにくい…
もじゃお
という悩みはかなり改善できますし、タオルや手ぬぐいをリストレストにすると、下記のメリットが得られますぞ。

  • クッション性や高さを調節できる
  • 汗を吸収してくれて蒸れにくい
  • サイズ感の自由度が高く、ピッタリな大きさにできる
  • 使わないときはキーボードカバーになる
  • (家にあるモノを使えば)お金が掛からない
  • 汚れても洗濯すれば良いので衛生的
  • デザインが無限にある
  • (布なので)軽く、畳めばコンパクトになるので持ち運ぶのがラク

 ここで挙げたメリットは既製品のリストレストにはないメリットですな。
特にクッション性や高さを調節できる点と、汚れても洗濯で簡単にキレイにできる点は、快適に長く使っていく上で大きな利点になるので、ワリとオススメです。

もじゃお
私の感覚的にはキーボード作業での疲労感が5%~10%くらいは軽減されますぞ。

もじゃお
家にあるモノを使えばお金も掛からないのでキーボード作業が多い方は試してみて欲しいところですな。

敬具

created by Rinker
Miyamoto-Towel
¥790 (2021/09/25 23:49:21時点 Amazon調べ-詳細)

△あえて新しく買うならガーゼ素材の手ぬぐいがオススメ
 ちなみに、「カッコ良く使いたいからリストレスト用の布を新しく買いたい」という場合は、通気性の良さやサイズ感の自由度を考えるとガーゼ素材の手ぬぐいがおすすめです。

余談


created by Rinker
サンワサプライ
¥1,118 (2021/09/25 23:49:19時点 Amazon調べ-詳細)
△リンクは後継モデルの「TOK-MU3NBK」です。

 私は長年(8年くらい)サンワサプライの「TOK-MU3BK」というリストレストを使っていて、ワリと満足していたのですが飲み物をこぼして汚しちゃったんですな。

もじゃお
そこで暫定的にタオルや手ぬぐい,余っている布巾を巻いてリストレスト代わりに使ってみたら、今までのリストレストよりむしろ快適に使えちゃったんですわ

もじゃお
なので個人的には、既製品のリストレストよりもタオルや手ぬぐいを巻いてリストレストにする方がオススメだったりします。
  1. HappyHackingKeyboard []
Amazonでお得に買い物するなら……

AmazonCharge
Amazon:Amazonチャージ
 Amazonで買い物をするなら「Amazonチャージ」を使って、5,000円以上のAmazonギフト券を現金でチャージすると非常にお得です
1回のチャージ金額にもよりますが、チャージ金額の最大2.5%分のポイントが翌月中旬に貰えます。

Twitterでフォローしよう

このブログ内の記事をランダムで表示しています