CPUクーラーを交換してみたり
CPUクーラーを交換してみたり

P1020133
 私は古いCPUの電圧を下げて使っているので
リテールのCPUクーラーでも温度的にそれ程問題なかったのですが、

最近暑い日が続いている事もあってか
ゲーム等のちょっと負荷が掛かる事をしていると
なかなか無いくらいうるさくなるのが気になったので
新しくETS-T40というCPUクーラーを買って交換してみました。



・これを買った経緯とか

 正直私のPC環境は古くて
新しくCPUクーラーを買うほどの物でも無いのですが、

それなりに汎用性がある物を買っておけば
今後CPUを換えたり、新たにPCを組んだりした場合でも使い回せるし、
まあ良いだろうという感じで評判が良かったETS-T40をチョイスしてみました。


・製品の画像とか
P1020133
CPUクーラー本体。

 ヒートシンクは薄いアルミですが
わりとフチが丸いので素手で触ってもギリ大丈夫な感じ1です。

P1020138
4本あるヒートパイプは銅製で直にCPUに触れるタイプ。
・取り付けについて
P1020142天井部分のケースファンとのスキマが若干狭い感じ

P1020145ファンが一番近いメモリスロットに1スロット分被っているので、
大きなヒートスプレッダのメモリだと干渉するかも

 「Z9 Plus」というPCケースに
「GA-990FXA-UD3」というマザーボードを入れて使っていて、
そこに取り付けましたが、
付属の熱伝導グリスが固くて2けっこう塗りにくかったところ以外は
わりとスムーズに取り付けできました。

取り付け自体はグリスを塗るのに苦戦しながらやっても20分位で出来たので、
マニュアルと付属品をよく確認しながら行えばそんなに難しくないと思います。
・リテールとの使用感の違いとか

 今まで使っていたリテールのCPUクーラーは
ゲーム等のCPUに負荷が掛かる事をしていると
ファンの音がイヤホン越しでもわかるくらいうるさかったのですが、

ETS-T40に換えてからはだいぶ静かになって
ファンの音も気にならなくなりました。

ETS-T40は静かなCPUクーラーというわけでも無いらしいのですが、
それでもリテールの物と比べると充分静か。という感じです。

冷却性能に関しては、
リテールクーラーを使っていてもCPU温度が
普通に使って40~43度くらいで、負荷をかけても45~55度くらいと、
元々たいしたことなかったのでそれ程気にしていなかったのですが、

ETS-T40に換えてからは
普通に使って30~34度くらい、
負荷をかけても38~45度くらいとだいぶ冷えるようになりました。

 ※CPU温度は「speccy」というソフトで見たものです。

室温が今の時期は大体26~30度くらいなので
CPU自体の発熱を考えると
なにかおかしい(数値が低すぎる)感じがしますが、

殆ど同じような環境で測っているので
「リテールと比べてこのくらい違う」
という目安にはなるかなという感じです。

・総合的な感想とか

 リテールのクーラーより静かで冷えると良いなーと思って
安くてわりと評判が良かったETS-T40をなんとなく買ってみたのですが、

取り付けが簡単でなかなか冷えて、
そしてだいぶん静かになったので良い感じです。
ETS-T40の購入・価格のチェックは以下のリンクからどうぞ

「AmazonでETS-T40を検索」
「楽天でETS-T40を検索」




・その他の周辺機器とか良かった感じのモノは下記のページにまとめてある系。

「個人的おすすめモノ」
  1. ただ、薄手の手袋をはめて作業する方が怪我を防げるという意味でおすすめです。 []
  2. 粘土かと思うくらい固い []
Amazonをよく使う方へ、よりお得に買い物する方法をまとめました

 上の記事では私が長年(といっても11年程ですけど)Amazonを使って買い物をする中で気づいた「Amazonでよりお得に買い物するための方法」をまとめています。

例えば、Amazonで買い物をする場合、予めAmazonギフト券をコンビニ・ATM・ネットバンキングのいずれかで支払って
自分のアカウントにチャージしておくと、チャージ額の最大2.5%分がポイント還元されてお得です。

ギフト券の有効期限も発行日から10年とメチャクチャ長いので、
「Amazonはワリと頻繁に使うけどAmazonのクレジットカードは持ってないよ」って方にはけっこうオススメだったりします。

 記事では他にも、現在の商品価格が本当にお得なのかを確認する方法や、欲しい物リストに入れた商品のセール情報を知る方法,
セール中の商品を検索する方法や、購入金額の○%(変動あり)のポイント還元を受ける方法など、
Amazonでよりお得に買い物するための小技・裏技を紹介しているので是非参考にしてもらえれば幸いです。

このブログ内の記事をランダムで表示しています